Full Epi

2views

医療レーザー脱毛の仕組みとは?高い効果が得られるメカニズムを大解説!

医療脱毛クリニックを選ぶ理由は、その脱毛効果の高さにあるでしょう。

なぜ、クリニックはサロンの脱毛よりも高い効果が得られるのでしょうか?

その答えは、医療レーザー脱毛の仕組みを紐解くことでみえてきます。

ここでは、医療レーザー脱毛の仕組みについて解説していきます。

どのようなメカニズムで毛が抜けるのか、レーザーが脱毛効果を促す原理から詳しく探ってみましょう!

医療レーザーで毛が抜ける仕組みとは?

レーザーは光の一種ですが、多方向に広がる普通の光と違い真っ直ぐに光線が進みます。

また、波長が一定なので特定の色や物質に反応するという特徴を持っています。

そんな性質を利用し、レーザーは医療機関などの治療に用いられているのです。

医療レーザー脱毛では、黒い色素に反応する波長を持ったレーザーが使われています。

レーザーを肌に照射すると、熱がムダ毛の黒色メラニンにのみ伝わって毛根に集中するのです。

その熱のパワーで、毛根にある毛母細胞(毛を生み出す細胞)を破壊します。

細胞が破壊された毛は、そのまま自然に抜けていき二度と生えてくることはありません。

ムダ毛の元を真っ直ぐ狙って破壊する、これが医療レーザーで脱毛ができるメカニズムなのです。

施術前の自己処理は「抜く」ではなく「剃る」!

医療レーザーでの施術の前には、ムダ毛を自己処理しておくことが鉄則です。

中には、初回は毛量や毛の状態をみるためにあえて生やした状態でいくクリニックもありますが、施術の前には必ず剃ることになります。

ここで大事なのは、自己処理は「抜く」ではなく「剃る」という点です。

毛抜きやワックスなどで毛を抜いてしまっては、毛根が残らないためレーザーがメラニンに反応しません。

効果的な脱毛効果を得るためには、施術前の自己処理は抜かずに剃っていくようにしましょう。

カミソリよりも、肌への負担が低いシェーバーの方がおすすめです!

痛みの少ない医療レーザー脱毛!蓄熱式脱毛の仕組み

医療レーザー脱毛は照射力が強いため、サロンの光脱毛に比べると痛みを感じやすいというデメリットがあります。

「医療脱毛をやってみたいけど、痛みが心配」という人におすすめなのが、蓄熱式の医療レーザー脱毛です。

上記で説明したのは、一般的な「熱破壊式」の医療レーザー脱毛の仕組みですが、他にも「蓄熱式」という脱毛方式があります。

熱破壊式では毛母細胞がターゲットなので、肌の深部にある毛根まで熱を伝えるためにはどうしても強い照射力が必要になってしまいます。

しかし、蓄熱式のレーザーが狙うのは「バルジ領域」と呼ばれる発毛因子です。

バルジ領域とは、毛に栄養を送り発毛を促す部分を指します。

毛根より肌表面に近い浅い部分にあるため、強いレーザーの照射は必要ありません。

弱い力をジワジワと当てて蓄熱するだけで、十分な効果が期待できるのです。

レーザーの威力が低いので、痛みをほとんど感じないだけでなく肌への負担も軽減されます。

また、熱破壊式では火傷などのリスクから施術がうけられない日焼け肌も、蓄熱式なら問題なく施術できるでしょう。

施術から毛が抜けるまでの期間はどれくらい?

医療脱毛では、1回施術した毛は組織とつながる力が無くなるため徐々に抜け落ちていきます。

医療脱毛で抜けた毛は再び生えてくることはなく、この永久性の高さがメリットなのです。

では、施術からどれくらいの期間で毛は抜け落ちるのでしょうか?

個人差はありますが、大体2週間前後で抜け始めるでしょう。

施術直後は「本当に効果があるのかな?」と不安に思うかもしれませんが、ポロポロと抜けていく毛を目にすると、脱毛通いが楽しくなるはずです!

早い人では10日ほどで抜けていきますが、4週間ほどかかる場合もあります。

もし、いつまで経っても抜け落ちずに次の施術をむかえるような場合は、おそらく何らかの問題があると考えられます。

とくに、初回の施術では肌への負担を考えてレーザーの出力を抑える場合が多く、低すぎて効果が得られていないかもしれません。

回数パックだとせっかくの1回分が無駄ということになるため、あまりにも毛が抜けていない場合はクリニックに相談し、対応してもらいましょう。

効果を実感するためには毛周期に沿った施術が大事!

強いパワーを持つ医療脱毛なのに「なぜ、何回も通わなければいけないの?」と考える人もいるでしょう。

確かに医療脱毛なら1回で確実に脱毛できますが、回数が必要な理由は「毛」の方にあるのです。

体毛には毛周期という毛が生えかわるサイクルがあります。

大きく分けると「成長初期」「成長期」「退行期」「休止期」と、毛はこの4つの段階をループしているのです。

肌表面に生えている目に見える毛は成長初期と成長期の状態で、脱毛にもっとも適しているのがこの時期です。

この時期は毛根がしっかりとしており、黒色メラニンも濃いので医療レーザーに反応しやすくなっています。

退行期の毛はメラニンも薄く、休止期だと抜けてしまっているので毛根がありません。

成長初期から成長期の毛は、毛全体の20%ほどです。

1回の施術で確実に効果を得たとしても、全体の2割程度の処理に留まります。

医療脱毛で100%完了を目指すなら、5回以上の施術が必要ということになりますね。

この成長期の毛を狙うためには、毛周期に沿った施術が大事です。

毛周期は部位ごとの毛で差がありますが、全身脱毛なら2~3ヵ月が目安でしょう。

効果的な脱毛のためには、毛周期を守って通うことが大前提なのです。

医療脱毛なら5回で終わるって本当?短期間で全身脱毛を卒業するためには

医療レーザー脱毛の仕組みを知って脱毛効果を最大限に実感しよう!

医療レーザー脱毛は、レーザーの性質を利用した仕組みで効率的にムダ毛を処理していきます。

「自己処理は抜かずに剃る」「毛周期に沿って通う」この2点を守ることで、脱毛効果を最大限に実感することができるでしょう!

痛みが気になる人にも、蓄熱式レーザー脱毛を採用しているクリニックなら安心ですね。

医療レーザー脱毛は、仕組みは同じでも、脱毛機によっては特性も違っています。

クリニックを選ぶ時には、扱っている脱毛機にも注目にしてみてください!

  • フルエピ 編集部

    フルエピ編集部といっても現在1人で運営しているんですけどね。よければ色々見ていってください。 その他なにか質問がありましたら、TwitterやってるのでDMなりリプなりお気軽にください! Twitter:@FullEpi