Full Epi

242views

脱毛サロンのカウンセリングを受けたら必ず契約しないとダメ?

こんな疑問を持ってる人におすすめ
  • ●とりあえずカウンセリングだけうけてみたいけど勧誘が心配…
    ●本契約する前にカウンセリングの段階で見極るポイントは?
    ●もし勧誘をされたらどうすればいい?
    ●カウンセリングをうけるときに用意しておくべきことは?

無料カウンセリングを受けたからと言って本契約はしなくても良い

カウンセリングとは名目だけで、本当は強引な勧誘をされるんじゃないの?というイメージを持っている人も多くいます。

本来の意味では「カウンセリング=悩みのある人の相談に応じ助言をすること」です。

利用者の肌状態や健康などのチェックはもちろん、サロン側が利用者側にサービスの説明義務を果たす時間として設けているのが「カウンセリング」です。

なので、カウンセリングの段階でサービスを受ける私達が同意できないのであれば、脱毛の契約はせずにその場を終わらせても全く問題はありません。

脱毛サロンのカウンセリングはだいたい下記のような流れ。カウンセリングを受けて契約したいと思ったら、終了後に契約締結することになります。

脱毛サロンの無料カウンセリングの流れ
  1. 受付を済ませ、カウンセリングシートやアンケートに記入する
  2. コースやプランの説明を受ける
  3. サロンのシステムの説明を受ける
  4. 実際にお肌を見て質疑応答
  5. 脱毛完了までどれくらいの回数がかかるかを見積もる
  6. 料金の説明
  7. 質疑応答
  8. 体験脱毛(※)
  9. 気に入れば契約

料金が高い脱毛プランを検討している人は即決せずに持ち帰る

先ほど説明したように、契約は義務ではありませんのでカウンセリングだけで帰っても大丈夫です。

特に全身脱毛など大きい金額のプランを検討している方は、その場で決めずに、自宅に持ち帰ってゆっくり検討するのも1つですよ。

ちなみに、カウンセリングの所要時間はだいたい1~2時間

体験脱毛については、実施しているサロンとしていないサロンがありますので、希望する場合は申し出てみてください。

※体験脱毛に関する補足

脱毛サロンによっては、初回カウンセリングでお試し脱毛体験ができるところがあります。
例えば銀座カラーではヒジ脱毛を1回、キレイモではハンド脱毛を1回体験することが可能です。
これはパッチテストを兼ねたテスト照射という意味合いもあります。

脱毛体験ができる部位はサロンによって違い、ワキ脱毛ができるところもあれば、ひざ下や手指のみというところも。
脱毛経験は、どのような機械をもちいてどんな手順で脱毛するのかを体験するという趣旨で行われます。
痛みや照射後のお肌トラブルの有無などを確認する意味合いが大きいですから、広範囲をがっつり脱毛することはできないと思っておきましょう。

またカウンセリング時の脱毛体験をしていないサロンでも、希望すればでは肌状態をチェックするときにテスト照射してもらうことが可能です。

どのように脱毛するのか知りたいという希望があれば、遠慮なく申し出てみるといいでしょう。

脱毛の勧誘、営業トークに対する心構え

脱毛サロンも慈善事業ではなく商売なので、一通りのプランの提案や営業トークはしてきます。いくら「勧誘しません」と銘打ってるサロンでも、大なり小なりの勧誘はあると思っておいたほうがいいでしょう。

ですが、勧誘、営業に強制力はありません。「帰宅してよく考えてみます」「またお返事します」と言って帰宅すれば大丈夫。

もちろん最初から、冷やかしであるという態度を前面に押し出してカウンセリングを受けるのはよくありません。

ですが「もし気にいればこちらで契約したい」という意思を持ち、スタッフの対応を見たり体験脱毛などを受けたりしてみて決めたいということを伝えておけば問題ありません。

可能であれば最初に「契約するかどうかすぐには決められないのですが問題ありませんか?」と、確認をしておくといいでしょう。

契約前提でカウンセリングを受ける人へ

もし公式サイトを見たり通っている友人の体験談を聞いたりで「脱毛を受けたい」という気持ちがほぼ固まっており、確認のためにカウンセリングを受けたのであれば、そのまま続けて契約することができます。

その場合は、契約に必要な下記をあらかじめ用意しておきましょう。

  • 現金・クレジットカード
  • 印鑑
  • 保護者の同意書(未成年の場合)
  • 学生証や以前通っていたサロン契約書(学割や乗り換え割を使いたい人)

もしも脱毛サロンの契約をしたあとにキャンセルをしたくなったら

もし無料カウンセリングを受けてなんとなく流れで契約してしまっても、8日以内であればクーリングオフで契約解除をすることができます。

契約後の解約、クーリングオフについては別ページでまとめているので、もし知っておきたい場合は下記のページからチェックしてみてください。
  • 脱毛サロン・クリニックでやっぱり勧誘はある?上手な断り方と契約後の対処法

お互いのためにも契約はじっくり検討しよう

トラブルを回避する意味を含めて、クーリングオフを使わなくてもいいよう、できる限り「家に帰って考えてみます」とはっきり伝えられるように準備しておきましょう。

最近では「カウンセリングを受けて、もし気に入ったら契約してくださいね」というスタンスの脱毛サロンが増えてきています。
気になるサロンをいくつかピックアップし、問い合わせをしたときにそのように言ってくれるサロンであれば、気持ちよく無料カウンセリングが受けられます。
それぞれのサロンのカウンセリングに対するスタンスも、サロン選びのひとつのポイントにしてみるといいでしょう。

あちこち気になる部位があっても、1か所だけのサロンで決めてしまわず、他のサロンのキャンペーンも体験してみたり、いくつか脱毛サロンをハシゴしてみることで自分に合ったサロン探しをすることができます。

  • アバター

    フルエピ 編集部

    フルエピ編集部といっても現在1人で運営しているんですけどね。よければ色々見ていってください。 その他なにか質問がありましたら、TwitterやってるのでDMなりリプなりお気軽にください!