Full Epi

6views

医療脱毛で白髪の脱毛はできるの?白髪になったムダ毛の最適な対処法

医療脱毛で白髪の脱毛はできるの?白髪になったムダ毛の最適な対処法のアイキャッチ画像

医療脱毛で白髪脱毛ができるかは、結論から言えばできます

ただし、メラニン色素に反応して毛根組織を破壊する単発ショット式脱毛器は、メラニン色素を持っていない白髪に反応しないので、いくら医療脱毛といえ、このタイプの脱毛器では白髪の脱毛はできません。

上記の単発ショット式脱毛器とは別で、毛や毛の周りの組織に対し、じわじわと熱を与えてムダ毛の成長を止める蓄熱式脱毛器というタイプもあります。

蓄熱式脱毛器は毛に熱を与えるタイプなので、メラニン色素を持たない白髪でも脱毛ができそうですが、結論を言うと、医学的根拠が足りていないため確かな脱毛効果が証明されていません。

じゃあなんで医療脱毛で白髪が脱毛できるなんて言ったのよ!

と思われるかもしれませんが、もう1つ有名な脱毛施術がありますよね。そう、ニードル脱毛(針脱毛)です。

皮膚科や美容外科、エステサロンが取り扱うニードル脱毛(針脱毛)だけが、現状「白髪の脱毛ができる」と言える施術方法です。

白髪の脱毛ができるニードル脱毛

ニードル脱毛は、毛穴ひとつひとつに針を入れて電流を流し、毛根を破壊することで永久脱毛ができる脱毛方法です。

140年以上もの歴史を持ち、医療レーザー脱毛より痛みは伴いますが、安全で確実な脱毛方法として好まれています。

ニードル脱毛の特徴

ニードル脱毛の主な特徴として、数センチ四方を一度に処理できるレーザー式とは反対に、一本ずつ処理する点にあります。

毛乳頭細胞を直接破壊するので毛の太さや硬さ、肌の色などに依存することなく施術が受けられるため、白髪でも脱毛が可能です。

また、毛をつまんで抜きながら脱毛を行うため、数ミリ程度伸ばしていく必要があります。

メリット

一本ずつ確実に処理していくため、医療レーザー脱毛より脱毛効果が高いことが最大のメリットです。

毛乳頭細胞を電流で破壊するため、施術した毛穴からは二度とムダ毛が生えることなく、永久脱毛が期待できます。

また、メラニン色素に反応させるショット式のレーザー脱毛と異なり、毛の色に依存することなく処理が可能で、誰でも安全に脱毛を受けることができるのも特徴です。

デメリット

安全で確実な脱毛が可能なニードル脱毛ですが、残念ながらデメリットもあります。

  • 施術できるサロンや医院が限られてる

    毛の色素に依存しないことから、欧米では主流のニードル脱毛ですが、日本では施術できるサロンやクリニックが少なく、ハードルが高いのがデメリットです。大手サロンではエステティックTBCで「TBCスーパー脱毛」としてニードル脱毛を受けることができます。

  • 施術料金が高い

    毛穴ひとつひとつを処理していく関係上、施術に時間がかかるため、レーザー脱毛よりも施術料金がかかってしまいます。また、処理本数ではなく時間で料金を設定しているサロンが多く、施術を行うスタッフの力量が費用に反映されてしまうのもデメリットです。

  • レーザー脱毛よりも痛みが強い

    一点に集中して負荷をかけるため、文字通り針でちくりとされたような痛みがあります。我慢できる範囲ではあるものの、VIOなどの痛みを感じやすい部位だと麻酔を希望する方も少なくありません。

医療レーザー脱毛器を持ってしても白髪だと効果が無い理由

技術が進歩し、スピーディーで確実な脱毛が可能になった医療レーザー脱毛でも、白髪の脱毛ができない理由はなんでしょうか?

白髪のメカニズムや医療レーザー脱毛の仕組みなど、専門的な視点から理由を探ってみましょう。

白髪になるメカニズム

白髪の直接的な原因は、髪の色のもととなるメラニン色素を作り出すメラノサイトという色素細胞の機能低下にあります。

メラノサイトの機能低下よって、メラニン色素を持たない髪の毛が白髪となって生えてしまうのです。

メラノサイトの機能が低下する理由は諸説あり、加齢やホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れから起こるミネラル不足などの栄養不足、遺伝など、さまざまな要因が重なることで白髪が生えやすい環境が作られてしまいます。

実はVIOのアンダーヘアは白髪が生えやすい

特にホルモンバランスの乱れによる影響を受けやすく、白髪になりやすいのがVIOのアンダーヘアです。

アンダーヘアには微量の男性ホルモンが関わっており、ストレスの影響を受けやすい男性ホルモンによって乱れたホルモンバランスが、アンダーヘアの白髪の原因となります。

また、長さが短く生え変わりの周期が髪の毛より早いため、早い人で20代頃から、一般的には40代前後から白髪がちらつく人が多いようです。

医療レーザー脱毛や光脱毛がムダ毛を減らすメカニズム

医療レーザー脱毛や光脱毛は、主に2種類の脱毛方法があります。

ムダ毛の根本にあるメラニン色素にレーザー光線を反応させて処理するショット式と、発毛の命令を出すバルジ領域に熱を与えてアプローチする蓄熱式です。

ショット式は毛根のメラニン色素によって蓄積された熱が周囲に広がり、周辺の育毛細胞にダメージを与えて体毛が自然に抜け落ちるよう促します。

メラニン色素がない白髪にはレーザー光線を当てても反応せず、細胞にダメージが与えられないため、脱毛効果を見込めないのです。

白髪を染めてもショット式脱毛はできない

「色素がないことが脱毛できない原因なら、染めてしまえばいいのでは?」と思う方もいるでしょう。

残念ながら白髪染めを使っても、白髪の毛根の深い部分まで染めることができないため、ショット式のレーザー脱毛で白髪を脱毛することはできません。

蓄熱式脱毛器がムダ毛を減らすメカニズム

蓄熱式脱毛器は、肌全体にじっくりと熱を与えることで発毛を促すバルジ領域を破壊し、ムダ毛を減らす仕組みです。

バルジ領域は毛根よりも表皮に近い部分にあり、ショット式と比べて低い温度で熱を与えるため肌への負担や痛みが少なく、メラニン色素をターゲットとしないため色黒肌でも施術を受けることができます。

蓄熱式脱毛器は本当に白髪に効果がないの?

メラニン色素をターゲットとしない蓄熱式脱毛器なら、白髪でも脱毛することができそうですが、なぜ効果がないのでしょうか?

実際に医療脱毛クリニックに通って蓄熱式脱毛を体験した方の中には、白髪でも脱毛効果があったという口コミがありましたのでご紹介します。

「Vラインの端の方に白髪がちらほらと生えていたのがずっと気になっていたのですが、蓄熱式のレーザ脱毛に続けて通っているうちにいつの間にか目立たなくなっていました。以前調べたときに白髪には効果があるとは言えないと書いてあったため期待していなかったのですが、今はほぼ目立たない状態になって喜んでいます。」

実は、白髪にもバルジ領域が存在するため、理論上は白髪の脱毛も可能なのです。

蓄熱式脱毛器は最新の脱毛器のため歴史が浅く、またバルジ領域の持つ働きについても研究段階にありまだ完全に解明されていないため、白髪にも効果があるといった表示を掲げるための十分なエビデンスが少ないのが原因です。

現在は研究段階にある蓄熱式脱毛器ですが、安全性や通常の黒い毛に対する脱毛効果は厚生労働省からも認可されています。

高い脱毛効果を誇り、やけどなどのリスクが少ない優秀なレーザー脱毛器ですので、安心してくださいね。

医療脱毛クリニックが取り扱う蓄熱式レーザー脱毛器

現在、医療脱毛クリニックでは主に「メディオスターNeXT PRO」「ソプラノ」の2種類の蓄熱式レーザー脱毛器が使われています。

メディオスターNeXT PRO

クルクルと撫でるように優しく肌を滑らせ、2種類の波長でじわじわと熱を与えてバルジ領域にダメージを与え脱毛する蓄熱式レーザー脱毛機器です。

最大で毎秒12ショットの処理ができるため、スピーディーに施術ができるのが特徴で、全身脱毛でも1時間程度で完了します。

メディオスターNeXT PROは痛くないって本当?新理論の医療レーザー脱毛機を徹底解説!

ソプラノ

毎秒10ショットの処理を行うことができる蓄熱式のレーザー脱毛機器ですが、ショット式への切り替えにも対応しているのが特徴です。

現在、3世代の機種があり、最新のソプラノアイスプラチナムは3種類の波長で効率的にバルジ領域へアプローチするため、従来の機種より高い脱毛効果が見込めます。

ソプラノアイスプラチナムの特徴とは?メリットとデメリット!

白髪になったムダ毛の最適な対処法

「白髪が生えてしまっているから…」と、悲観的になる必要はありません。白髪が生えている部位でもお得に、かつ確実に脱毛をしていくことが可能です。

重要なのは1つの方法に縛られないこと!

白髪になったムダ毛を対処する方法のポイントは、黒い毛は医療レーザー脱毛できっちり処理してと永久脱毛を完了させて、白髪になってしまったムダ毛は本数が少ない場合はニードル脱毛、まとまった状態で生えている場合は蓄熱式脱毛で処理するなど、適切に対処していきましょう。

黒い毛までニードル脱毛だけに頼って脱毛を進めてしまうと、時間がかかりますし、費用もあまり現実的ではありません。1つの方法に縛られず、黒い毛は医療脱毛、白髪のみニードル脱毛で処理するなど、それぞれの毛の状態に適した方法で脱毛を完了させることをおすすめします。

黒いムダ毛の脱毛は医療脱毛がおすすめ

黒いムダ毛はメラニン色素を持っているためショット式のレーザー脱毛が可能ですが、白髪も混ざっている場合は蓄熱式脱毛を選ぶことをおすすめします。

理由は、蓄熱式脱毛の場合はバルジ領域をターゲットに熱を与えるため、黒い毛と同じくバルジ領域を持つ白髪の毛根にも効果がある可能性があるからです。

前述のとおり白髪に対してはエビデンスが不十分ですので、確実に脱毛できるかどうかは不明瞭ですが、黒い毛には高い脱毛効果があることと、理論上は白髪にも効果があることを考えると、同時にスピーディー処理できるため一石二鳥ですよ!

蓄熱式脱毛器を取り扱っているクリニック一覧
メディオスター

湘南美容クリニックリゼクリニッククレアクリニックマリアクリニック、アルファクリニック、ブランクリニック

ソプラノ

レジーナクリニック椿クリニックKMクリニック、ブランクリニック

通常の脱毛後に白髪がどの程度残っているかで対処法を変えよう

脱毛を完了させたとき、処理できなかった白髪が残っていると気になりますよね。残っている白髪の量によって、おすすめの対処法は異なります。適切な対処をすれば、残った白髪も気にならなくなりますよ!

白髪がかなり目立つ場合

残念ながら白髪がかなり目立ってしまう場合は、VIOなどは白髪染めで目立たなくしてしまうか、ブラジリアンワックスがおすすめです。

ブラジリアンワックスに永久脱毛効果はありませんが、通っているうちに徐々に毛が目立たなくなってきますよ。

価格もレーザー脱毛より安く、自宅でセルフで行うことができるほか、はちみつなどの自然由来の素材を使用しているため、肌への負担が少ないのがメリットです。

白髪の本数が少なく目立たない場合

価格もレーザー脱毛より安く、自宅でセルフで行うことができるほか、はちみつなどの自然由来の素材を使用しているため、肌への負担が少ないのがメリットです。

残った白髪の本数が少ない場合は、シェービングでセルフ処理をするか、ニードル脱毛をおすすめします。

ニードル脱毛は痛みが強いため人を選ぶ脱毛方法ですが、確実に処理できるうえ、少ない本数であれば短期間で安価に脱毛を完了させることができます。

逆に白髪が多い場合、ニードル脱毛だと時間や費用がかかってしまいますので、あまりおすすめできません。

ニードル脱毛(針脱毛)も医療脱毛がおすすめ!

 

ニードル脱毛ができるエステサロンも一部ありますが、安全性を考慮するとニードル脱毛も医療脱毛クリニックで施術をしてもらうほうが安心です。

医療脱毛とエステサロンのニードル脱毛の違いを見てみましょう。

医療脱毛クリニックでのニードル脱毛(針脱毛)

以前は、電流を針に通した際に皮膚に火傷が生じていましたが、現在では針に「絶縁体」をコーティングした「絶縁針」が考案され、皮膚への通電を防ぎ皮下組織部分のみに電気を流すので、火傷の心配がなくなりました。

医療機関であるクリニックのみ、絶縁針の使用が認められており、肌に炎症が起きた際にも適切な処置もできるため、クリニックでの施術が好ましいです。また、脱毛後のデリケートな肌は、肌トラブルを起こしやすく薬も処方してくれます。

そして、この針脱毛は医療レーザー脱毛よりも強い痛みを伴うため、医療機関では麻酔が使用できるので痛みを軽減することができるのです。このように医療機関ならではの対応をしてくれるので、安心して任せることができます。

エステサロンでのニードル脱毛(針脱毛)

サロンでも針脱毛は行っていますが、医療機関ではないので絶縁針を使用できず、流す電気を弱めて施術することになります。電流を弱めるので、長く通電しなければならなくなり肌への負担が大きくなってしまいます。

皮下組織部分だけでなく、皮膚表面まで焼けてしまう可能性があるだけでなく、医療機関ではないので、痛くても麻酔を使うことができません。

確実にムダ毛撃退のためにまずは医療脱毛へ!

黒い毛や白髪にかかわらず、ムダ毛はきっちり処理してツルツルな美肌を目指したいですよね。

レーザー脱毛でメラニン色素を持たない白髪の処理は難しいですが、蓄熱式のレーザー脱毛なら目立たない程度に処理することも不可能ではありません。

少ない本数であれば、医療機関でニードル脱毛を受けることで、白髪でも確実に脱毛することができます。

ムダ毛をしっかり撃退してすべすべの肌を手に入れるために、まずは医療脱毛を行っているクリニックで相談してみましょう!

  • フルエピ 編集部

    フルエピ編集部といっても現在1人で運営しているんですけどね。よければ色々見ていってください。 その他なにか質問がありましたら、TwitterやってるのでDMなりリプなりお気軽にください! Twitter:@FullEpi