Full Epi

2views

脱毛サロンに行く前に

全身脱毛の予約をして、明日はいよいよ脱毛開始!となると、サロンに来店する前日までに注意しておきたいことがいくつかあります。

カウンセリングで教えてくれる内容のほか、脱毛サロンで全身脱毛をするにあたってのアドバイスを紹介します。

前日までのシェービング方法や、脱毛前後の日焼けなどの禁止事項など、気持ちよく全身脱毛を始めるために予習しておきましょう。

全身脱毛を始める前日までにシェービングをしましょう

脱毛サロンに行く前にチェックしておきたい注意点と禁止事項

これから脱毛サロンデビューをする人は、施術までにシェービングをしなければいけないの?と疑問に思う人もいるでしょう。

脱毛サロンでは光を当ててメラニン(黒い部分)を弱らせていく脱毛方法です。

そのためムダ毛が生えたままだと、うまく毛穴のメラニンに届かなくなってしまうので脱毛前にシェービングをする必要があります。

そして、シェービングは、施術の前日までに済ませておきましょう。

シェービングをする日の理想的な日は予約日の3日前で、もし肌荒れができていないかの確認もできる上に、当日までにしっかりと保湿ケアができるのでおすすめです。

注意しておきたいのが、脱毛をする当日に慌ててシェービングをすると、肌が敏感になっているので肌荒れを引き起こしたり乾燥して脱毛をしてもらえない可能性があるので避けましょう。

全身をシェービングするにはどの方法がいい?

脱毛サロンに行く前にチェックしておきたい注意点と禁止事項

シェービング方法は、電気シェーバーがおススメです。

電気シェーバーは直接肌に当たらないですし、深剃りをする恐れがないので安全です。

背中や脚の内側など自分ではシェービングが難しい部位も、電気シェーバーなら自己処理がしやすいというところもおすすめポイント。

もし、剃り残があった場合に脱毛サロンでシェービングをしてくれるのかはサロンによって異なります。

剃り残しがあった場合のシェービングサービスの比較はこちら>>

控えた方がいいシェービング方法って?

カミソリは気軽に自己処理がしやすいということで使っている人は多いかと思いますが、全身をシェービングするには手が届かない部位や肌を傷つけてしまう恐れがあるので危険です。

カミソリでシェービングしてけがをしてしまった場合、その部位に照射してもらうことができなくなるので要注意です。

また、ブラジリアンワックスや除毛クリームは避けましょう。

毛根を除去してしまうと、光脱毛に反応するメラニンが脱毛当日になくなってしまい効果がないのです。

シェービング後には化粧水で保湿しておくのがおススメ。

皮膚がたっぷりの水分を含んでいるほど光脱毛の効果が高く、照射後の毛も抜けやすくなるのです。

人気脱毛サロンにはシェービングサービスがついているのか

キレイモ

キレイモでは剃り残しがあった場合、スタッフの方ににシェービングをお願いすることができます。

月額制で通う場合は、一回1,000円。回数制パックは無料でシェービングをしてもらえます。

背中やOラインなど自分ではシェービングをしにくい部位は無理をせずにお願いするのもいいと思いますよ。


銀座カラー

銀座カラーで全身脱毛をはじめようと考えている人は注意が必要です。

銀座カラーでは剃り残しがあった場合その部分は脱毛してもらえません。

剃り残し部分は次回の施術に回すことになってしまうので剃り残しがないか気をつけましょう。


ミュゼ

ミュゼプラチナムでは剃り残しがあった場合、その部分を脱毛してもらえません。

ただ、襟足・背中上下・ヒップ奥は事前にシェービングをしていなかった場合でも無料でスタッフの方が処理をしてくれます。


シースリー

シースリーでは手の届きずらい背中やうなじ、ヒップなどの剃り残しを無料でシェービングをしてくれます。

ただ、顔とVIOの剃り残しがあった場合は衛生上の問題から、シェーバーを持参しそれを使ってシェービングをしてもらうことになるので剃り残しに不安がある人は持っていくといいでしょう。

無料でシェービングをしてくれる脱毛サロンは数少ないので、シースリーにはうれしいサービスがついていますね。


脱毛ラボ

脱毛ラボでは剃り残しがあった場合、一回1,000円でシェービングをしてくれます。

顔の産毛の剃り残しは一回500円です。

脱毛ラボは全身脱毛も月額の支払いが断トツ1位で安いので、毎回シェービングに苦戦するよりは自分では剃りにくい部位はお願いするのもアリですよ。


恋肌(こいはだ)

恋肌(こいはだ)で脱毛する場合うなじ・背中・腰・お尻は無料でシェービングをしてもらえます。

それ以外の部位は1カ所800円の費用がかかります。


「今日は脱毛ができません」とならないためにチェックしておく禁止事項

  • 全身脱毛の予日は生理と重ならないように

    全身脱毛をする日って生理でも施術ができるのか疑問に思いますよね。

    脱毛サロンでは生理中はVIO(デリケートゾーン)の脱毛はできません

    VIO以外の部位は脱毛可能のサロンもありますが、基本的に生理中は全身脱毛ができないので予約を入れる時には気をつけましょう。

    ホルモンバランスが崩れやすくなるため肌トラブルを起こしかねないので、もし生理の予定がズレそうであれば早めに予約キャンセルか変更をしておきましょう。

  • 日頃からきちんと保湿ケアを

    脱毛サロンでは肌が乾燥していると脱毛ができません。

    乾燥していると光脱毛を当てた際に痛みを生じてしまうの恐れがあります。

    また、脱毛効果が下がってしまうので全身脱毛を始めるなら日頃からきちんと保湿ケアをしましょう。

    理想的な保湿ケアは、フェイスケアのように化粧水→ボディークリームの順で塗ると保湿効果が高まりますよ。

  • 脱毛前後の予防接種は脱毛ができません

    脱毛サロンのルールとして、脱毛前後10日以内の予防接種は脱毛ができません。

    絶対に体に悪影響があるとは言いがたいですが、全身脱毛をする上でもしものトラブルを引き起こす原因になる恐れがあるので注意してください。

    特にインフルエンザの予防接種は、ウィルスを注入しているので微熱や肌トラブルを起こしてしまう恐れがあります。

  • 日焼けをしている部位は脱毛ができません

    全身脱毛をしている間に気をつけてほしいのが日焼け。

    脱毛を始める前だけでなく全身脱毛に通っている間は日焼けNGです。

    日焼けをすると肌がデリケートな状態になるので脱毛サロンで照射をすると肌トラブルを引き起こしてしまう恐れがあるのと、日焼けすることでメラニンが増え脱毛効果が下がってしまうのです。

    そのため、日焼けをしている部位は照射をしてもらえません。

    全身脱毛中は日焼けをしないように注意が必要です。

  • 脱毛当日はアルコールNG

    「休日に全身脱毛の予定を入れて夜は飲み会に参加しよう」と思っている人、脱毛当日は施術前後の飲酒はNGです。

    お酒を飲むと血行がよくなり体温が上昇しますよね。

    そのためかゆみなどのトラブルを引き起こしてしまう恐れがあるので予約を入れる際には飲酒をしない日を選びましょう。

  • 脱毛後は運動や発汗を促す行動は避ける

    脱毛当日、施術を終えてからはスポーツジムや温泉、マッサージや海での遊泳、サウナや銭湯など体温が上昇し発汗を促す行動は避けてください。

    飲酒同様、運動や温泉などで体温が上昇することで肌トラブルを引き起こしてしまう怒れがあるからです。

    また、湯船につかる際も熱めのお湯で入らずにぬるめの湯にするかできればシャワーで済ませるようにしてください。

このように脱毛サロンでは当日に施術を受けられなくなってしまう禁止事項がいくつかあります。

予約をした後に、「やっぱり日にちを変更したい」、「キャンセルにしなきゃ」という時に手続きが遅れてしまうとペナルティを受ける場合があるので、いつまでにキャンセルや変更をすればいいのかも確認しておきましょう。

キャンセルや変更の手続きの期限とキャンセル料について>>

脱毛サロンはキャンセル料が発生するか調べる>>

全身脱毛を始める前にチェックしておきたい注意点のまとめ

  • 脱毛日の前日までにシェービングを済ませる
  • 電気シェーバーでの処理がおすすめ
  • 気になる脱毛サロンにシェービングサービスがあるか
  • 当日に脱毛ができなくならないために禁止事項を確認する

全身脱毛でスベスベ肌に近づくには、日々の保湿ケアを絶やさず、カミソリで傷をつけないように電気シェーバーなどで処理をし、当日に「脱毛ができない」という状況にならないようにしっかりとチェックしておくことが大切です。

シェービングサービスは脱毛サロンによって異なるので、自分では処理しれない部位や剃り残しがあった場合でも安心して通える脱毛サロンを選ぶといいでしょう。

人気TOP脱毛サロンのシースリーは無料でシェービングをしてくれますし、キレイモは回数制パックの場合は無料なので嬉しいサービスですよね!

  • フルエピ 編集部

    フルエピ編集部といっても現在1人で運営しているんですけどね。よければ色々見ていってください。 その他なにか質問がありましたら、TwitterやってるのでDMなりリプなりお気軽にください! Twitter:@FullEpi