Full Epi

1views

家庭用脱毛器「ケノン」は小学生でも効果がある?子供が使うメリットと注意点まとめ!

最近は小学生でも体毛の悩みを抱える時代。

小学生向けのファッション雑誌が増え、いろいろな情報が子供たちの耳に入ります。その中で、自分の体毛に悩む小学生も増えてきているのです。

  • 脱毛したいけど小学生だと早いかな
  • 遺伝で毛が濃いので子供には脱毛してあげたい

など、子供自身の希望だけでなく、脱毛してあげたいという親の思いもあるようです。

そこで今回は、家庭用脱毛器の代表であるケノンを例にあげ、小学生でも使用していいのか、効果はあるのかという点を紹介します。

また子供にケノンを使うメリットと注意点もまとめていくので、小学生の脱毛について悩んでいる方は、是非チェックしてみてくださいね。

家庭用脱毛器「ケノン」は小学生でも使える?

いきなり結論から言ってしまうと、家庭用脱毛器「ケノン」は、小学生といった子供でも安全に使えるように開発されています。

ケノンは、脱毛サロンで使われている脱毛機と同じ原理ですが、出力レベルはサロンと比べるとかなり弱いです。

つまり家庭用脱毛器は、誰でも安全に使えるように出力レベルを抑え、簡単に使えるようにできています。

子供でも安全に脱毛することができるので、体毛で悩んでいる小学生にも家庭用脱毛器がおすすめですよ。

家庭用脱毛器「ケノン」は子供でも効果があるの?

結論からいうと、家庭用脱毛器は子供にも効果が期待できます。

家庭用脱毛器のなかでも特に高い人気をあつめている「ケノン」は、黒いメラニン色素に反応する特殊な光を照射します。

それによって毛根に対してダメージを与えていき、毛の再生を弱めていくという仕組みです。

一回の照射で毛が生えなくなるということはありませんが、繰り返し毛根にダメージを与えることで徐々に毛が生えにくい状態を作ることができるのです。

毛が生える仕組みや毛根の構造は、子供も大人も同じなので、ケノンは小学生のように小さなお子さんにも効果が期待できます。

小学生の子がケノンを使う時の注意点

しかし小学生のうちは、大人と比べて効果が出にくいという点も知っておく必要があります。

なぜかというと、ホルモンバランスの影響を受けるからです。

体毛の濃さは女性ホルモンと男性ホルモンの影響を大きく受けているので、成長過程の小学生のようにホルモンバランスが安定していないと、脱毛していても毛がいきなり濃くなる可能性があります。

このようなリスクはありますが、継続して繰り返し脱毛することで徐々に毛が薄くなる効果を期待できます。

家庭用脱毛器「ケノン」を子供が使うメリットは?

小学生など、子供のうちに家庭用脱毛器を使うメリットはどのようなものでしょうか?ケノンを子供が使うメリットを3つ紹介します。

体毛が濃くなるのを防げる

子供のうちからケノンを使っておくと、毛が濃くなるのを防ぐことができます。

小学校低学年のうちは体毛が薄くても、高学年になるにつれて、徐々に毛が濃くなっていくのが一般的です。

しかし早いうちからケノンを使いはじめることで、毛根の働きを弱めて毛が濃くならないようにする抑制効果を期待できます。

体毛のコンプレックスを解消できる

家庭用脱毛器を子供が使うメリットは、早い段階で体毛のコンプレックスから解放されるということです。

思春期になると徐々に体毛が濃くなり、まわりのお友達と自分を比べるようになります。

またこれまで毛が生えていなかった部位、ワキやデリケートゾーンなどに濃い毛が生えるようになり、体毛のコンプレックスが強くなる傾向にあります。

子供のうちに家庭用脱毛器を使うことで、毛が濃くなるのを抑制できるため、体毛のコンプレックスを解消することができるのです。

美肌を維持できる

ムダ毛処理を続けることで弊害となるのが、肌へのダメージです。

ダメージや刺激によって乾燥したり、色素沈着によって肌が黒ずんだり、痒みなどを引き起こします。

それが長期的に続くと、肌の黒ずみがひどくなったり、たるみや肌荒れした状態が続いたりすることになるのです。

それを予防するには、自己処理をしないこと。

しかしそれは非常に難しいことなので、子供のうちから脱毛し、ムダ毛処理の必要がないツルツルな状態に整えておくと、ハリのある美肌を維持できます。

家庭用脱毛器「ケノン」を子供が使う注意点

子供の肌は、大人と比べて非常にデリケートです。家庭用脱毛器を使う際は、照射レベルを下げて使用しましょう。

照射レベルが強いほど効果も高くなりますが、肌トラブルを起こしてしまっては本末転倒ですよね。

子供の肌は刺激に弱いため、照射レベルを弱く設定して、長い目で効果を期待しましょう。

また子供のうちはホルモンバランスによって脱毛の効果が出にくい可能性もありますが、途中で使用をやめないこともポイントです。

期待したような効果があらわれず、途中で脱毛がいやになるかもしれません。

しかし継続して使用することで、徐々に毛は薄くなっていくので、やめないことが大切です。

脱毛完了までに必要な回数は、脱毛サロンで18回程度、家庭用脱毛器だと3倍程度と考えてもいいでしょう。

ケノンは自宅で脱毛できるという手軽さが魅力ですが、使用頻度が10日に1回など、サロンと比べて多くなるので、根気よく脱毛を続けてくださいね。

家庭用脱毛器「ケノン」は小学生にも効果あり!注意事項を守って安全に使おう!

家庭用脱毛器はいろいろな種類がありますが、その中でも小学生におすすめなのがケノンです。

ケノンは日本製なので安心して使えますし、何よりも日本人の毛質、肌質にあわせて開発されているので、高い効果が期待できます。

また照射面積が広いので、広範囲の脱毛も短時間で終わり、飽きっぽい子供に適した脱毛器だといえるでしょう。

照射レベルは自由に設定できるので、なるべく弱く設定し、肌トラブルが起きないように継続して使用してくださいね。

小学生に脱毛は早いという意見もありますが、早く脱毛をはじめておくメリットはたくさんあります。

最近では、体毛で苦労させたくないという親御さんも多く、親子で家庭用脱毛器を使う家庭も増えてきています。

家庭用脱毛器のよい点は、家族で共有できること。

一台あれば全身の毛を脱毛できるだけでなく、母娘が一緒に使用でき、ムダ毛の悩みを解消することができるのです。

子供も脱毛サロンで知らないひとに施術してもらうよりも、身近な母親に脱毛してもらう方がリラックスできますよね。

これから「脱毛しているのが当たり前」という時代が来るかもしれません。

キッズ脱毛が気になるという方は、家庭用脱毛器「ケノン」を使ってみてはいかがでしょうか。

  • フルエピ 編集部

    フルエピ編集部といっても現在1人で運営しているんですけどね。よければ色々見ていってください。 その他なにか質問がありましたら、TwitterやってるのでDMなりリプなりお気軽にください! Twitter:@FullEpi