Full Epi

全身脱毛はセルフで可能なの?自宅でできる脱毛方法とは

全身脱毛をしたくても、わざわざ通うのが面倒、通える距離にサロンがない、費用がないなどの事情から、自宅でムダ毛処理をしたいという人も多いのでは?

自宅で全身脱毛することができるのなら、わざわざ脱毛サロンに通う必要がなく好きな時間にムダ毛処理ができますよね。

しかし、そういった脱毛アイテムは、脱毛サロンに通うよりも費用を抑えることができるのでしょうか。

こちらでは、セルフ脱毛の種類と費用について解説をしていきます。

セルフ脱毛特集

脱毛器ケノン

ケノンは、2週間おきに使えて照射レベルも自分で設定することができます。

目元、口元などの粘膜部分を除いて脱毛ができるので、セルフで全身脱毛をするにはとても便利なアイテムです。

また、美顔器用のカートリッジと交換すれば、フォトフェイシャルとしても使用できるので、1台で脱毛と美顔器の両方を使用できるのはとてもお得です。

  • フラッシュ式美顔&脱毛器「ケノン」
  • セット 98,000円69,800円(送料無料)
    ケノンの口コミ
    • ケノンで脱毛をすると1週間後ぐらいに毛がポロっと抜けます。特にワキやvラインが分かりやすいです。黒ずみが改善されて嬉しいです。
    • 自宅のそばに脱毛サロンがなく、わざわざ交通費を払ってまで行きたくなので家庭用脱毛器ケノンを購入しました。脱毛サロンには行ったことがないので比較ができませんが、ちゃんとムダ毛がなくなってきているので効果は抜群なのかなと思います。夜にササッと当てられるので楽ちんです。
    • 脱毛器との相性が良かったのか、もう3年ほど脱毛していませんがほとんどムダ毛は生えてきません。たまに生えてきてもじっくり見ないと分からないぐらい細い産毛みたいな毛なので、うっかり処理し忘れても気付かれないレベルです。
    ケノンの口コミ
    • 最初は頑張って脱毛していたのですが、途中から面倒になってやらなくなってしまい今は脱毛サロンに通っています。面倒くさがりの私にはむいていませんでした。
    • 剛毛なせいかあまり効果はありませんでした。照射レベルを上げると痛いし、弱くすると効果ないし・・・。今は顔の産毛用にしていて医療脱毛に通っています。
    • ちゃんと効果はあるけど定期的に脱毛しなきゃいけないのが面倒です。だんだん毛が薄くなるのは嬉しいけど、半年ぐらいやらないと元の毛に戻っている?気がする。
    家庭用脱毛器を買う前に知っておくべき注意点

    ある程度ムダ毛がなくなるまでは根気よく2週間に一回は照射する必要がある

    アイスノンなどで冷やす⇒照射する⇒保湿クリームを塗るという手間がある

    脱毛サロンよりも家庭用脱毛器は出力が低いので、脱毛完了までの期間は長い

    照射漏れをする部位が出るリスクが高いので、効果にムラがでる

    出力は1~10まで設定できるが、照射前にしかり冷やさないとレベル8以上では痛みを感じやすいので注意

    一番人気の脱毛器ケノンなら、7万円前後で購入できるので「好きな時間に自宅で全身脱毛したい」、「あまりお金をかけたくない」という人におすすめです。

    ですが、セルフで全身脱毛をするにはデメリットもつきもの。

    脱毛サロンより安く全身脱毛をすることはできますが、途中で使わなくなってしまった・・・とならないようにしましょう。


除毛クリーム『ムーモ(moomo)』

ムーモは従来の除毛クリームと違って除毛効果だけでなくイソフラボンが配合されているため、使っているうちに毛が生えにくくなる抑毛効果にも期待ができます。

そして、肌へのダメージがないよう高級シアバターが配合されているので使用後はお肌が潤います。

初回は980円で一カ月間使用ができ、その後は特別価格で4,620円で購入ができるので、まずはお試しで購入してみてはいかがでしょうか?

  • 除毛クリーム『ムーモ(moomo)』
  • 初回限定 6,600円980円(初回特別価格・送料無料)
    ムーモの口コミ
    • ムダ毛が気になる部分にクリームを塗って流すだけなのでとっても楽です。お肌はツルツルになるし、もう手放せません。
    • 除毛クリームは何年も使っていますが匂いがダメなんですよね。でも、ムーモはラベンダーの香りがするので苦じゃありません。お肌への刺激もないですし、少しずつ毛が生えてくるスピードが遅くなってきました。脱毛サロンに行かなくても私は充分ですね。
    • 子育て真っ最中で脱毛サロンには通えないためムーモを購入しました。お風呂に入る前にささっと塗って流すだけなので簡単だし早いし助かっています。
    ムーモの口コミ
    • 肌に合わなかったみたいで、使用後はちょっと肌荒れしました。パッチテストをしてから使うことをおすすめします。
    • ムーモはがっつりムダ毛をなくすことができるけど、抑毛効果はイマイチ分かりません。しばらくすると普通に毛が生えてきます。
    • 定期コースは4カ月継続しなければなりません。この縛りがちょっとイヤで初回購入だけにしておきました。
    ムーモを買う前に知っておくべき注意点

    肌に合うかパッチテストをした方がいい。

    初回価格は安いが、定期コースは4カ月という縛りがある。

    抑毛効果はあるが、すぐに効果は出ないので継続して使用した方がいい

    年齢制限はないが、小児の場合はパッチテストや医師に相談した方がいい。

    薬局や通販サイトでは手に入らない

    ムーモは、定期コースで購入する場合4カ月の継続が条件になります。

    2回目以降は4,620円なので、例えば一年間使用する場合約5万円ほどかかります。

    そうなると、最終的に脱毛サロンや脱毛器と同じぐらい費用がかかってしまう可能性があるので、初回価格で購入をしたあとは、継続をするのかよく考えた方がよさそうです。


ミュゼコスメ「除毛クリーム」

ミュゼプラチナムの除毛クリームは、忙しくてサロンに行く時間がない、小さなお子さんがいて通えない、通える距離に脱毛サロンがない人などの様々な悩みから誕生しました。

除毛にかかる時間はわずか最短5分とカンタンなのに効果が高く、美肌成分が配合されているのでお手入れ後もしっとりなめらかに仕上がります。

のばしやすいクリームなので、ムラなく均等に塗れると好評です。

販売は1本から可能で、2本セット購入で送料が無料+10%割引。

3本セットだと送料無料+20%割引きになり、まとめ買いの方がお得です。


除毛スプレー『ジョーモ(JOOMO)』


ジョーモは、ムダ毛が気になる部位にスプレーをして5分後に拭き取り、シャワーで流すだけで簡単に除毛することができます。

ただ除毛するだけでなく、保湿成分が配合されているので使用後はしっとりとした潤い肌に整えてくれます。

購入は1本から可能ですが、2本セット以上で送料が無料、5本セットだとプラス1本と甘酒美人酵素をプレゼントしてもらえるので、まとめ買いがおすすめです。

  • 除毛スプレー『ジョーモ(JOOMO)』
  • 1本 6,000円3,980円(送料864円)
    2本 12,000円7,960円(送料無料)
    6本 30,000円19,900円(6本+あまざけ美人酵素プレゼント・送料無料)
    ジョーモの口コミ
    • 脱毛サロンや脱毛器を購入するほどムダ毛に関して悩みはなく、背中や襟足などの産毛を処理していぐらいだったのでジョーモは便利です。スプレーなので気になったときお風呂で使用しています。
    • 除毛剤なのにシトラス系のいい香りが気にいっています。5~6分経って拭き取るとムダ毛がごっそりと抜け落ちて、お肌はスベスベです。
    • カミソリでは毛を剃っても黒くボツボツが残ってしまいますが、ジョーモをスプレーすると毛穴まで浸透して抜けるので脱毛をしたようにキレイになりますよ。
    ジョーモの口コミ
    • 毛が濃いので少し毛が残ってしまう部分があります。
    • 抑毛効果がない分、生えてくる毛は今までと同じです。5本セットを買ったのですが結局、ムダ毛の量や太さは同じなら脱毛サロンなどに行った方がよかったかも。
    • 売り切れている時があるので、まとめ買いしておかないとなかなか買えなくて困る時がある。
    ジョーモを買う前に知っておくべき注意点

    肌に合うかパッチテストをした方がいい。

    除毛効果はあるが抑毛効果はない

    乾いた肌に使用しないと効果が薄い

    3~4日に1回ぐらいのペースで使用するのがベスト

    薬局や通販サイトでは手に入らない

    ジョーモは、初回価格で購入することができず、1本だけ購入する場合、送料が864円かかります。

    その他2本セットと6本セットで購入できますが、口コミにもあったように売り切れ中の時があるので注意してください。

    先ほどご紹介した除毛クリームのムーモと違い、抑毛効果はないので生えてくる毛は元のままです。

    1本につき約1カ月使用ができるので、例えば一年間使用する場合、約4万円ほどかかります。


自宅で全身脱毛するといくらかかる?

脱毛グッズは、家庭用脱毛器や除毛クリームなど様々な商品が販売されていますよね。

注意してほしいのが、脱毛と聞くとムダ毛が生えてこなくなるイメージがありますが、実は脱毛には3種類あり、セルフ脱毛ができるものは限られています。

また、使い続けても減毛できない商品が多いので、まずは脱毛の種類を確認し、セルフでできる方法を知りましょう。

セルフではNG!永久脱毛は医療機関のみ

永久脱毛とは、米国電気脱毛協会による定義によると、脱毛から1カ月後の毛の再生率が20%以下であると定められています。

毛根細胞を破壊する行為は医療機関しかできません。
そのため、セルフ脱毛では不可能なので永久脱毛の効果を得たい人は医療脱毛クリニックに通う必要があります。

【最新】医療脱毛で全身脱毛が安いクリニックランキング

セルフでOK!減毛は家庭用脱毛器でも効果あり

脱毛サロンや家庭用脱毛器の光は、毛根細胞を少しずつ弱らせます。

手頃な料金でラクにムダ毛を減らせるということで脱毛サロンに通う人が多いですが、家庭用脱毛器でも可能です。

脱毛サロンのように減毛するなら家庭用脱毛器ケノン

セルフでOK!除毛で一時的にムダ毛をなくせる

勘違いしやすいのが、“脱毛クリームや石鹸を使うと毛が生えなくなる”ということ。

これらの方法は、今生えている毛を一時的に処理をするため、毛周期により眠っていた毛はその後生えてきます。

減毛効果もないので、生えてくるスピードも毛の太さも変わりません。

一時的にキレイにムダ毛をなくしたい人向けです。

このように、脱毛といっても効果に違いがあり、自宅でできる方法は減耗もしくは除毛になります。

早く全身脱毛を終わらせたいなら医療脱毛か脱毛サロンがおすすめですが、脱毛費用や通う手間を考えるとセルフ脱毛はやっぱり料金はお手軽です。

ここからは、それぞれの脱毛方法を一年間使用した場合、値段はいくらになるのか比較をしてみましょう。


脱毛方法 年間費用 脱毛効果
除毛クリーム 約40,000円 除毛
除毛スプレー 約40,000円 除毛
家庭用脱毛器 約70,000円 減毛
脱毛サロン 約120,000円 減毛
医療脱毛 約300,000円 永久脱毛

※スマートフォンの方は右にスクロールをすると詳細を見ることができます。

全身脱毛方法の最安値は、除毛クリームやスプレーですが、意外と年間の費用に換算すると高額ですよね。

また、先ほど解説した通り、そういったアイテムはほとんどが一時的にムダ毛をなくすための商品です。

そうなると長年購入し続ければどの方法よりも高額になってしまいそう…と心配になるかもしれませんが、実は除毛アイテムの中には抑毛成分が配合されたクリームもあるのです。

除毛クリームのムーモなら、使い続けるうちに毛が生えにくくなっていくので脱毛を完了させたい人におすすめ!

除毛&抑毛なら ムーモ(moomo)

ムーモは、ただ今生えている毛を除毛するだけでなく、抑毛成分イソフラボンが配合されているので、使い続けるうちに毛が生えにくくなるというのがポイント。

また、使用後は高級シアバターが配合されているので、肌へのダメージが少なくしっかり潤ってくれるのも人気の理由です。

  • 6,600円⇒初回1本980円(初回特別価格・送料無料)
  • 6,600円⇒初回3本1,960円(初回特別価格・送料無料)
敏感肌でもOK!除毛クリーム ムーモ(Moomo)の効果や使い方を徹底解剖

このように、除毛するのであればムーモのように抑毛成分が配合されているクリームはおすすめです。

しかし、使い続けるうちにだんだんと毛が生えにくくなるといっても、抑毛効果はすぐには実感はできないので注意してください。

早くセルフ脱毛で効果を実感したいのであれば、家庭用脱毛器の購入を検討する方がいいでしょう。

でも、なかなか購入する勇気が出ない…という人も多いですよね。

安い買い物ではないので、家庭用脱毛器のメリットやデメリットを知っておきましょう。

家庭用脱毛器があれば脱毛サロンいらず?料金と効果を解説

脱毛サロンと家庭用脱毛器の仕組みは同じでも、照射後にしっかりとムダ毛が抜けるのか、減毛効果を得られるのかが気になるところですよね。

数年前までは脱毛サロンは高額でしたが、年々安くなってきているので、自宅で全身脱毛をした方がいいのか、サロンを選んだ方がいいのか難しいところです。

ここからは、家庭用脱毛器で人気のケノンと、脱毛サロン業界で王道のミュゼプラチナムを例に上げて、料金や効果を比較してみます。

違い

ケノン

ミュゼ

料金 69,800円 157,500円(6回)
特典 美顔用と眉毛脱毛機能付き 両ワキとvライン通い放題
回数目安 20回以上 6回
所要時間 約2時間 約1時間半
間隔 2週間に1回 2か月に1回
痛み 温かさを感じる程度 温かさを感じる程度
手間 冷やして照射を繰り返す 予約手続きと通う必要がある

※スマートフォンの方は右にスクロールをすると詳細を見ることができます。

ケノンは、脱毛サロンに通わない分、予約の手間や、通う店舗によっては交通費を浮かせることはできますが、その変わり、2週間に1回のペースで全身をシェービング⇒照射部分を冷やす⇒脱毛器を当てることを頻繁に繰り返すことになります。

マメに照射ができる時間を作れれば、ミュゼよりも半額以上の費用で全身脱毛はできるのでおすすめですが、途中でサボりがちになっってしまったり、面倒になって使わなくなってしまわないよう注意しましょう。

脱毛器の購入を考えているのであれば、根気よく照射をし続けることが大切です。

脱毛器を買うならきちんと継続を!

ケノン 自宅でできる全身脱毛の方法まとめ
  • 69,800円

今回の目玉は眉毛脱毛機能+全身たっぷり使えるカートリッジが3つもついてくる!

ミュゼプラチナム 自宅でできる全身脱毛の方法まとめ
  • 月額8,400円

全身脱毛を契約すると満足するまでワキとvラインは通い放題!

通える距離に脱毛サロンがないのであれば、セルフ脱毛ならケノンなどの家庭用脱毛器が脱毛効果が高くおすすめです。

しかし、最初はセルフで全身脱毛をしようと、あれこれ購入するも結局それが面倒になって結局サロンやクリニックに通うという人も多いです。

それではせっかく安く済ませたつもりでも、結局高くついてしまうかもしれないので注意してくださいね。

朗報!ミュゼは除毛クリームも販売中?

ミュゼプラチナムは、アフターケアでも使用されるミルクローションをはじめ、水なしでさっと処理ができるシェーバーなど、様々なオリジナルアイテムを販売しています。

中でも特に人気なのが除毛クリームで、忙しくて脱毛サロンに通う時間が取れない人や小さなお子さんを育てるママなどの悩みから誕生しました。

ミュゼに通いたいけれど時間を作れない人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

自分で全身脱毛し続けれそうかよく考えて!

自宅で全身脱毛をする方法はたくさんありますが、除毛アイテムは使い続けてもムダ毛はなくなることはありません。

カミソリや毛抜きなどを使ってムダ毛処理を続けるよりは断然お肌には優しいですが、ムダ毛をなくしていきたいなら抑毛効果のある商品を選ぶか家庭用脱毛器がおすすめです。

ですが、それぞれ脱毛効果を得るまでに回数や期間がかかるので、長い目で見る必要があります。

脱毛サロンや医療クリニックに通うことを躊躇している理由が、照射時の痛みやどんな雰囲気なのか分からなくて不安…というのであれば、無料カウンセリングでパッチテストができるところや、脱毛体験ができるサロンやクリニックで、一度お試ししてみるのもいいと思います。

お試し脱毛ができる脱毛サロン&医療脱毛クリニックはここ
お試し脱毛 料金 回数 部位
脱毛ラボ 1,500円 1回 1部位~
プリート 1,500円~ 1回 vio
ディオーネ 3,240円 1回
ディオーネ 5,400円 1回 全身
ストラッシュ 500円 1回 眉間
ストラッシュ 3,240円 1回 小鼻
ストラッシュ 21,980円 1回 全身脱毛
トイトイトイクリニック 100円 1回 ワキ・鼻下・手指から一箇所
トイトイトイクリニック 7,980円 1回 VIO
トイトイトイクリニック 9,800円 1回
トイトイトイクリニック 39,800円 1回 全身
湘南美容クリニック 500円 1回 ワキ
湘南美容クリニック 6,070円 1回 VIO
湘南美容クリニック 49,800円/1回 1回 全身

※スマートフォンの方は右にスクロールをすると詳細を見ることができます。

自分で脱毛する記事一覧

まだ使ってるの?カミソリでの自己処理はデメリットだらけ!

カミソリでの自己処理は、お肌への負担大!「それでもカミソリを使います」という方のために、カミソリのおすすめの選び方や使い方のコツをお届けします。さらに、カミソリ使用で発生するたくさんのデメリットも。それでもやっぱり、あなたはカミソリ続けますか?

脱毛クリームを使用する際の問題点は?メリット・デメリットを押さえておこう!

脱毛クリームのメリット・デメリットが丸わかり!「肌荒れする?」、「匂いは?」、「毛が濃くなるってホント?」などなど、脱毛クリームの気になる情報をピックアップ。脱毛クリームのデメリットを改善するための方法・注意点も踏まえて、徹底的に解説します。

脱毛クリームを背中に塗る方法とコツ!ブツブツや出来物ができる原因と対処法まとめ!

脱毛クリームで背中の毛を処理する場合、どのように塗ればいいのでしょうか?脱毛クリームで背中を除毛するときのコツを紹介します。また脱毛クリームを使った後、背中にできるブツブツの正体の原因とは?対処法も紹介しますので、是非チェックしてくださいね!

家庭用脱毛器は小学生でも効果がある?子供が使うメリットと注意点まとめ!

自宅で気軽に脱毛できる家庭用脱毛器は、小学生が使っても効果があるのでしょうか?家庭用脱毛器で絶大な人気を獲得している「ケノン」を例にあげて紹介します。小学生のうちにケノンを使いはじめるメリットと、使用するうえで知っておきたい注意点も紹介します。

【タイプ別に特徴を徹底解説!】家庭用脱毛器で効果を高めるには?

脱毛女子の増加に合わせて、目覚ましい進歩を遂げている家庭用脱毛器。しかし、効果を高めるための使い方や、自分にあった脱毛器を選べていない方が多いのが実状です。この記事を読めば、脱毛効果をアップさせるコツと、自分にピッタリの脱毛器がわかりますよ!

【セルフ脱毛の注目アイテム】ヒートカッターの使いこなし術!

アンダーヘアの自己処理法として注目を集めているのが、肌にダメージを与えないヒートカッターの使用です。デリケートな部位に安心して使えるこのアイテムの使い方やメリット&デメリットを知れば、理想的なセルフ脱毛が実現しますよ!

ケノンの脱毛器でセルフ全身脱毛!使い方や効果を詳しく解説

ケノンで全身セルフ脱毛すればお金も安く済んだり、スタッフにみせづらいVIOもラクラク処理できちゃうって本当なのでしょうか? こちらの記事では、ムダ毛に悩む女子が気になって仕方がない家庭用脱毛器ケノンの使い方や効果をまとめています。

進撃の巨人が脱毛グッズとコラボ!進撃の脱毛の紹介と鼻毛脱毛で知ってほしいリスク

大人気アニメ進撃の巨人が脱毛グッズとコラボし、進撃の脱毛(鼻毛ワックス)を発売しました。鼻毛ワックスは鼻毛を一瞬でごっそり抜ける脱毛方法ですが、鼻毛脱毛を行う上でのメリットとデメリット、鼻毛の役割を説明します。

敏感肌でもOK!除毛クリーム ムーモ(Moomo)の効果や使い方を徹底解剖

ラベンダーの香りに癒されながら自宅で簡単にムダ毛処理ができる、除毛クリーム「ムーモ(Moomo)」の魅力に迫ります。ムーモの配合成分や効果、使い方や注意点などもご紹介しています。

ついに登場したミュゼの除毛クリーム!自宅でケアできる「薬用ヘアリムーバブルクリーム」の効果とは?

大手脱毛サロンのミュゼプラチナムが開発した除毛クリーム「薬用ヘアリムーバブルクリーム」の使い方や、効果について徹底解説!気になる商品の口コミも、詳しくご紹介します!