Full Epi

6views

埋没毛とはどのような状態?原因と対策とは?

自己処理後のトラブルで、「埋没毛」という言葉をよく聞きますよね。

この埋没毛ですが、どのような状態のことをいうのか知っていますか?

また埋没毛はできやすい部位があるので、気を付けるだけで埋没毛に悩まされることが少なくなります。

今回は、埋没毛とはどのような状態なのか、できやすい部位と原因、埋没毛になったときの治し方と対策について紹介します。

埋没毛とはどのような状態?

埋没毛とは、本来毛穴から外に生えている体毛が、皮膚の中で育っている状態をいいます。

通常ならこのような育ち方はしませんが、いろいろな要因によって、皮膚の外に出ることができなくなり、皮膚の中で育つ埋没毛になってしまうのです。

埋没毛になっても悪い影響はありませんが、毛穴部分が黒く腫れているように見えたり、しこりのように盛り上がるので、見た目が悪くなります。

また一度埋没毛になると繰り返しやすく、無理やり毛を出すと皮膚を傷つけてしまうことになりかねません。

埋没毛になったとき、毛抜きなどで皮膚をほじくると、細菌が入り毛嚢炎を起こす可能性が高くなるのでやめておきましょう。

二次トラブルを引き起こさないためにも、放置しておくことが一番です。

埋没毛の原因

埋没毛の原因は、間違ったムダ毛処理です。

ムダ毛処理によってダメージを受けた肌が、自己防衛機能を働かせることにより、毛穴の角質を厚くし、毛穴に蓋をすることで埋没毛になってしまいます。

特に毛抜きやワックス脱毛を行うと、埋没毛になる確率が高いです。

どちらも毛根から無理やり引き抜く処理方法であるため、毛根と毛穴に大きな負担がかかります。

それによって毛細血管や毛根を傷つけることになり、角質を厚くすることで自らを守ろうとするのです。

特にワックス脱毛は、短時間でツルツルな肌に仕上がるため、人気の高い自己処理法ですが、肌へのダメージは非常に大きいため、埋没毛を繰り返しやすくなります。

一つ注意したい点は、毛抜きもワックス脱毛も、一時的なムダ毛処理の方法であるということです。

しばらくすると新しい毛が生えてくるため、永遠にムダ毛の処理をしなくてはいけません。

そうなるとダメージが蓄積するため、毛穴のまわりに色素沈着による黒ずみが起きやすくなります。

埋没毛ができやすい部位

埋没毛ができやすい部位は、VIOや脇、ひざ下などです。

VIOや脇、ひざ下に生えている毛は、毛根がしっかりしていて剛毛です。

毛根が太い剛毛は、抜くときや剃るとき、自然と力が加わるため、毛根や肌に大きな負担がかかってしまいます。

ムダ毛処理するときのダメージによって、毛根や毛穴まわりの皮膚が大きく傷つき、ダメージから自らを守るため、角質化が進んでいくのです。

またVIOや脇、ひざ下は、頻繁に処理するため、蓄積したダメージから肌を守るために角質を厚く強くしようという機能が働きます。

そのため処理頻度の多いVIOや脇、ひざ下は埋没毛ができやすくなってしまうのです。

埋没毛になったときの治し方は?

埋没毛になってしまったとき、どのように治すのか気になりますよね。

放っておけば自然と皮膚を突き破って出てきますが、それまで待てないという方も多いのではないでしょうか。

毛抜きなどで無理やり皮膚をほじくって出すという方もいますが、それは肌へのダメージが大きく、埋没毛を繰り返す恐れがあるのでおすすめできません。

埋没毛を早く治したいという場合は、ピーリング効果のあるローションや石鹸を使うのがおすすめです。

ローションで気になる部位を優しくふき取ったり、石鹸で優しく患部を洗ったりすると、毛穴に蓋をしていた角質を柔らかくして取り除くことができます。

角質を優しくお手入れしていると、いつの間にか埋没毛は改善しているので、長い目でケアしていきましょう。

埋没毛を作らない対策とは?

埋没毛になったときの治し方を紹介しましたが、埋没毛にならないのが一番いいですよね。

どのようなことに気をつければ、埋没毛ができないのでしょうか?

埋没毛を作らない対策についてチェックしていきましょう。

ピーリングケアを行う

埋没毛の原因は、毛穴部分の角質が厚くなり、毛穴に蓋をすることです。

スクラブ入りのマッサージジェルを使って、その厚くなった角質をピーリングすれば、埋没毛のリスクが減ります。

ピーリングケアの頻度は、1週間~10日に1回くらいのペースで行うのがおすすめ。

ピーリングケアは肌に負担がかかるので、頻繁に行うと皮膚が薄くなり、肌トラブルを起こしやすくなります。

適量を手の平に出し、優しく力をいれずにくるくると円を描くように角質を取り除いていきましょう。

肌の様子をみながら、ピーリングケアを行い、その後は保湿ケアで肌を落ち着かせるといいですよ。

肌に優しい方法でムダ毛処理をする

埋没毛にしないためには、毛抜きやワックス脱毛ではなく、肌に優しい方法でムダ毛を処理しましょう。

毛抜きやワックス脱毛は、肌へのダメージが大きく、そのダメージは蓄積されるため、埋没毛を回避できたとしても、色素沈着による黒ずみや毛穴の隆起など、様々なトラブルを起こす原因になります。

ムダ毛処理を行う場合は、比較的肌に負担の少ないカミソリや電気シェーバーなどを使って行うことがポイントです。

カミソリや電気シェーバーでムダ毛処理するときも、事前にホットタオルで肌を柔らかくしたり、シェービングジェルを使って肌を保護したり、処理後の保湿ケアを行ったりなど、肌へのダメージを軽減するために正しい方法で処理することが大切です。

脱毛する

埋没毛を作らないためには、ムダ毛処理をしないということが一番です。

そのためには、体毛を処理しないという選択肢もありますが、女性にとってムダ毛を処理しないというのは抵抗がありますよね。

そこでおすすめなのが、脱毛です。

エステの光脱毛や医療機関のレーザー脱毛で、体毛自体を減らしていけば、自己処理の必要がなくなります。

埋没毛のリスクがなくなるだけでなく、脱毛によって毛穴も小さくなっていくので、ツルツルな素肌が手に入りますよ。

毛根や皮膚へのダメージがなくなれば、埋没毛になるリスクも減るので、埋没毛が気になる方は脱毛を検討されてはいかがでしょうか。

埋没毛の原因は肌へのダメージ!脱毛してツルツル肌を手に入れよう!

自己処理をした後、しばらくすると現れる黒い点々の埋没毛。

見た目がよくないので、つい爪で皮膚をほじくったりしたくなりますよね。

しかし埋没毛ができたときは、自然に毛が外に出るのを待ちましょう。

早く改善したいという場合は、ピーリング効果のあるローションや石鹸を使うといいですよ。

肌へのダメージも考慮して、埋没毛ができないムダ毛処理を行いましょう。

自宅でムダ毛処理するならカミソリや電気シェーバーですが、一番のおすすめは脱毛です。

脱毛すればムダ毛処理の必要がなくなるため、埋没毛に悩まされることもなくなりますよ。

繰り返される面倒なムダ毛処理、埋没毛に悩まされると肌を出すのもイヤになりますよね。

埋没毛は一度できると繰り返しできやすくなるので、早めに脱毛を開始してツルツルな肌を手に入れてくださいね。

  • アバター

    フルエピ 編集部

    フルエピ編集部といっても現在1人で運営しているんですけどね。よければ色々見ていってください。 その他なにか質問がありましたら、TwitterやってるのでDMなりリプなりお気軽にください!