Full Epi

8views

幅広く活躍する義足モデルGIMICOさんの魅力を紐解く!

アイキャッチ画像転載元:http://gimico.tokyo/

新元号が『令和』に決まり、書きやすそうな字で良かったと思っている、ごえんかあちゃんです。

年号も決まり、2020年には東京オリンピック・パラリンピックも開催されるので、どんどん盛り上がってほしいですね。

突然ですが皆さん、GIMICOさんをご存知ですか?

GIMICOさんは義足モデル・ダンサーとして、有名な写真家の被写体やリオパラリンピックの引き継ぎセレモニーの主要メンバー、ブラジリアンワックス専門店のオーナーを務めるなど幅広い分野で活躍している人物です。

脱毛サイトとして運営しているフルエピのライターとして、ブラジリアンワックス脱毛のオーナーのGIMICOさんに勝手ですがご縁を感じてしまったので、今回は魅力が詰まったGIMICOさんについてご紹介したいと思います。

GIMICOさんが義足になった理由

義足モデルとして活躍しているGIMICOさんは、右足がありません。中学2年生の頃、骨肉腫(こつにくしゅ)という骨のガンになり、生きるために右足大腿切除を余儀なくされました。

骨肉腫は手術だけの治療では90%近く再発するため、抗ガン剤治療も行うことが多く、GIMICOさんは7ヶ月もの入院生活と抗ガン剤治療も耐え抜き、現在も再発することなく過ごしています。

文字だけでみると簡単なようですが、ひとつひとつの決断に勇気がいったと思うし、ましてや14歳で今後の人生を義足で過ごすということの絶望感は計り知れないものだったと思います。

しかし、GIMICOさんはあるインタビューで

『振り返ってみると、いい思い出。』

と答えていました。

入院生活では普通に過ごしていたら出会えなかった人たちと出会い、いい経験になったそうです。片足切断を障害ととらえるのではなく、自分の人生を豊かにしてくれたと考えるGIMICOさんはすごいですね。

GIMICOさんの活躍の場

義足になった経緯はわかりましたが、どのようにしてリオパラリンピックの引き継ぎセレモニーの主要メンバーまで務める有名な義足モデルになったのでしょうか。

GIMICOさんの経歴をみていきましょう。

モデル・被写体としての活躍

GIMICOさんは義足になった後、ファッション系の専門学校に進学するため、上京しました。卒業後、憧れている人の作品の素材としてクリエイティブなことに関わりたいと思ったそうです。

日本のファッション雑誌『Numero(ヌメロ)』に気軽な気持ちで義足をアピールしたメールを送ったところ、浜崎あゆみさんのCDジャケットの撮影などを務めるシンガポールの写真家:レスリー・キーさんに撮影してもらえることになりました。

その後、義足モデルとして活躍するようになり、蜷川実花(にながわみか)さんの目にとまり、被写体のオファーを受けます。

蜷川実花さんの世界観が描かれた義足を身につけたGIMICOさんの写真は、医療と芸術が融合した『医療と芸術展』で展示され、それから一気に活躍の場が広がり、ミュージックビデオやショーなどに出演するようになりました。

DIR EN GREYの鱗のミュージックビデオに出演した際には、GIMICOさんを初めてみた人たちが『カッコいい!スゴイ!』と印象を受けたそうです。

DIR EN GREY「鱗」ミュージックビデオ

色彩高く描かれた義足をつけたGIMICOさんの写真を見た時、私も純粋に『カッコいい!綺麗…!』と感動しました。

そのほかにも、モデルで歌手の双子のAMIAYAさんのミュージックビデオにも出演しています。義足を自分のコンプレックスではなく、アピールポイントとしているGIMICOさんの前向きな考え方を見習いたくなりますね!

経営者としての活躍

GIMICOさんは義足モデルだけにとどまらず、自らがオーナーとなりブラジリアンワックス専門店の会社を経営しています。

お店を開こうと思ったキッカケは

『義足モデルがブラジリアンワックスをやるって、面白いんじゃないか!?』

と閃いたからだそうです。そう思ってから、約2ヶ月ほどでお店をオープンしました。

パラリンピック引き継ぎセレモニーの主要メンバーとしての活躍

GIMICOさんはリオパラリンピックでの閉会式の引き継ぎセレモニーに出演し、2人のダンサーと踊り、圧倒的な存在感でその場にいる人全員を釘づけにしました。見ていてカッコよすぎて、私も震えました!

GIMICOさんだけでなく、義足ダンサーの大前光市さん、個人的には生まれつき目が見えない檜山晃さんのパフォーマンスがとても良かったので、ぜひ見てくださいね。

パラリンピック東京プレゼンテーション【NHK】

ステージでは前向きに生きる障害者の方々が輝いていて、東京パラリンピックがより楽しみになりました。

ブラジリアンワックス、カバーメイク専門店『GIMICO SALON』はどんなお店?

gimicosalonのホームページ画像

GIMICO SALONは2010年に代官山で開店しました。主に3種類のコースがあるので、ご紹介しますね。

VIOラインの脱毛をするブラジリアンワックス

初めてブラジリアンワックスを施術する人は、VIO脱毛の6,600円(税込)コースがおすすめです。1度ツルツルにすると、やわらかい毛が生えてくるのでチクチクを防ぐことができます。

体も脱毛できるボディワックス

VIOだけでなく、自分では処理することが難しい部分も脱毛してもらえます。背中全体、うなじ+背中上部、顔、鼻下などたくさんの組み合わせがあるので、ホームページで確認してくださいね。

GIMICO SALONの料金表

詳しくはURLをクリックしてください

http://gimicodesalao.com/price/

肌トラブルを隠すカバーメイク

カバーメイクとは、タトゥーやアザ、シミなどの肌トラブルを一時的に隠したい時にするカバーアップ方法のことです。

料金は隠したい範囲の広さによりますが、小さめだと3,000円~5,000円、背中全体となると20,000円~40,000円程かかります。

エアーブラシとボディファンデーションを薄く重ねづけしながら隠していきます。個人差はありますが、平均3^5日持続するので隠したい時期を逆算して施術してもらうのが良さそうですね。

口コミと評判
  • ワックス初めてだったけど、思っていたより痛くなかった
  • GIMICOさんとの会話が面白くて、毎回行くのが楽しみ!
  • カバーメイクしてもらって、1週間もタトゥーが隠れていた。GIMICOさんの技術すごい!

口コミ評価も高く、有名人もお忍びで通うほど人気があるようです。今でこそ有名で人気の脱毛方法であるブラジリアンワックスですが、まだ知名度がない段階で挑戦したGIMICOさんの『したいと思った時にする!』という精神を見習いたいと思います。

GIMICOさんの魅力に触れていくうちにもっと知りたくなる

調べる前は謎めいていて近寄りがたい感じのイメージだったのですが、GIMICOさんの経歴やインタビューのコメントなどで人柄を知れば知るほど、面白くて気さくな人だということがわかりました。

また、片足がないからという理由で自分で限界を決めるのではなく、何事にも挑戦し続ける姿勢が素晴らしいですよね。

暗い未来を想像するのではなく、GIMICOさんと関わった人は皆んな明るくなるような人だと思いました。

GIMICOさんを調べていくうちに、もっと知りたい!と思うようになりました。これからもGIMICOさんらしく新しいチャレンジやさらなる飛躍を期待しています。

  • アバター

    フルエピ 編集部

    フルエピ編集部といっても現在1人で運営しているんですけどね。よければ色々見ていってください。 その他なにか質問がありましたら、TwitterやってるのでDMなりリプなりお気軽にください!