Full Epi

76views

ムダ毛って何時頃に生えてくる?体毛が伸びる時間帯を徹底調査!

昨日の夜、お風呂でムダ毛処理をしたばっかりなのに、翌日にはもうムダ毛が伸びてきた!!

こんな経験ってありませんか?

男の人の場合、朝ヒゲ剃りをして夕方にはすでにヒゲが生えてくる。

このような話をよく耳にしますが、女性の場合はこんなに頻繁に毛が伸びてしまうとショックですよね。

そこで、こちらではムダ毛は1日の中で何時頃に生えてくるのかお答えします。

ムダ毛が早く伸びてしまう時に自分で始められる対処法や、悩みがなかなか解決しない時の改善策もご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

毛が伸びる時間帯は午前中だった!

1日の中で、いったい何時頃に毛が伸びているのかとても気になるところですよね。

実は、毛が伸びる時間帯は午前中であることがわかっているんです。

具体的に説明すると、朝の5時~正午12時までがいちばん毛が伸びやすい時間帯であるといわれています。

毛が伸びる時間帯に男女差はないので、男性が朝ヒゲを剃り、夕方にはすでにヒゲが生えてしまっているのは、午前中の間に毛が伸びているからなんです。

つまり、女性が夜のうちにムダ毛処理をしたのに、翌日にムダ毛がまた生えてきてしまっているのも、不思議なことではないんですね。

ただし、生えてくる量や毛が伸びるスピードは人によって個人差が大きいので、あまり気にならない人がいるのも確かです。

1日に毛が伸びるスピードは部位ごとでも違う!?

1日に毛が伸びるスピードは、部位ごとによっても大きく差があります。

なぜこのような差が出てきてしまうのかというと、毛周期が大きく関係しているんですね。

毛周期とは?

毛周期とは、「成長期」「退行期」「休止期」といった毛のサイクルのことを指します。

成長期は、新しい毛が生まれ、どんどん伸びていく期間です。

退行期は、成長期の後に訪れるもので、毛の成長が止まった後に抜け落ちる期間のことを指しています。

そして休止期は、毛が抜け落ちてから成長期に入るまでの期間のことで、言葉の通りお休みしている時期になります。

この3種類の毛周期は、すべての毛に当てはまることではあるのですが、部位によってサイクルの速さが変わってくるんです。

部位 成長期 退行期 休止期
3~5ヶ月 3~5ヶ月 3~5ヶ月
3~4ヶ月 3~4ヶ月 3~4ヶ月
4~5ヶ月 4~5ヶ月 4~5ヶ月
VIO 1~2年 1~1年半 1~1年半

これを見ていただくとわかるように、脇・腕・脚の毛周期には若干の差があり、VIOラインでは大きく異なることがわかります。

毛周期が部位で変わってくるので、毛が伸びるスピードも部位によって、違いが出てきてしまうんですね。

さらに、1日に平均してどのくらい毛が伸びるのかも、部位で差があります。

例えば手脚。

1日に伸びる長さは、0.2~0.4mmになります。

VIOラインはおよそ0.2mmで、脇に関しては、平均して0.3mm程度です。

人によって、手脚のムダ毛処理が一番大変に感じてしまうのは、最大で0.4mmも1日に生えてくるからなんですね。

ムダ毛が早く伸びてしまう時に自分で始められる対策法!!

ムダ毛が早く伸びてしまう人と、遅く伸びる人の違いは、体質や遺伝が大きいといわれています。

しかし、体質や遺伝が100%なのではなく、日常の生活習慣やホルモンバランスによっても、毛が伸びるスピードに違いが出てくることがわかっているんです。

そこで、ムダ毛が早く伸びてしまう時に、自分で始められる対策法を3つご紹介します。

生活リズムを整える

乱れがちなホルモンバランスを元の状態に戻すためには、生活リズムを整えることが大切です。

特に注目したいのは、睡眠です。

夜更かしが続いてしまったり、睡眠時間が短くなってしまったりすると、成長ホルモンがしっかりと分泌されなくなり、女性ホルモンを低下させてしまうことがあるんです。

ムダ毛の成長は、男性ホルモンと密接な関連性があるので、女性ホルモンが低下して男性ホルモンが増えることにより、毛が伸びるスピードが、早まってしまう可能性が出てきます。

できるだけ早寝・早起きを心がけ、良質な睡眠をとるためには就寝前にスマホを見るのは控えた方がよいでしょう。

なぜ、寝る前にスマホを見るのがよくないのかというと、ブルーライトの影響で脳が活性化してしまう可能性があるからなんです。

人間の脳は、光を浴びることにより活発に動くように身体に指令を出し、暗くなることにより休息する時間であると認識して、身体を休ませようとします。

就寝前にブルーライトを浴びることで、脳が昼間と勘違いしてしまい、交感神経が刺激されて不眠に陥りやすくなってしまうんです。

上質な睡眠を得るためには、就寝前からリラックスした状態を作りながら、光の影響を受けないように心がけましょう。

女性ホルモンを増やす食品を積極的に食べる

男性ホルモンの影響を阻止するためにも、女性ホルモンを増やしてあげる食品を積極的に食べてください!

女性ホルモンを増やす代表的な食品は、

豆腐や納豆などの大豆食品
ナッツ類
かぼちゃ
アボカド

この上記4つになります。

大豆食品には、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンがたっぷりと含まれており、ナッツ類やかぼちゃ類には女性ホルモンのバランスを整えてくれるビタミンEが豊富です。

さらに、別名「森のバター」とも呼ばれているアボカドには、女性ホルモンバランスを安定させるために有効な栄養素がたっぷりと含まれています。

日頃の食事から積極的に補ってあげることにより、女性ホルモンに良い変化を期待することができますね。

ストレスを溜め込まない

女性ホルモンの分泌を減少させる、大きな原因として挙げられるのがストレスです。

過度のストレスは男性ホルモンを増やしてしまい、女性ホルモンの分泌を減少させます。

自分のためだけに使える時間を確保したり、ゆったりと半身浴できるようなリラックスタイムを取り入れたりするのも、ストレス解消には大切なことですね!

ムダ毛の悩みが解決しないときは脱毛でツルスベ肌を手に入れよう!

何を試してみてもムダ毛が早く伸びてしまう。

こんなときには、脱毛でツルスベ肌を手に入れるのも一つの方法です!

脱毛サロンで行われている光脱毛は、セルフ処理の手間を省くことができるくらいまで、ムダ毛を薄くすることができます。

また、クリニックで行われている医療レーザー脱毛は、肉眼でムダ毛を確認することができなくなるくらいまで、脱毛することが可能です。

時間がかかっても予算を抑えたいのであれば、脱毛サロンの光脱毛がおすすめですし、なるべく早く脱毛効果を実感したいのであれば、クリニックの医療レーザー脱毛が適切です。

どちらの方法を選んだとしても、ムダ毛の悩みを解決することができるので、毛が伸びるスピードが早い!と頭を抱えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • アバター

    フルエピ 編集部

    フルエピ編集部といっても現在1人で運営しているんですけどね。よければ色々見ていってください。 その他なにか質問がありましたら、TwitterやってるのでDMなりリプなりお気軽にください!