Full Epi

1views

医療脱毛で毛が濃くなる?硬毛化しやすい人は体質で決まるって本当?

医療脱毛の硬毛化についての解説ページ用アイキャッチ画像

毛が濃い体質の人の救世主・医療脱毛ですが、逆に毛が濃くなってしまうという噂があります。

本当に医療脱毛を受けると毛が濃くなってしまうのか、これから受けようと検討している方にとっては不安ですよね。

なぜ医療脱毛を受けると毛が濃くなってしまうのか、不安を解消すべく調べてみました。

医療脱毛で毛は濃くなる?

医療脱毛を受けたことで、施術前よりも毛が濃くなったように感じることは、まれに起こる現象です。

事前処理としてムダ毛を処理する際、カミソリで剃ることによって断面が斜めになり、一時的に太く濃くなったように見えてしまうのが原因であることが多いのですが、実際に照射によって毛が太くなる「硬毛化」という副作用が起こることもあります。

この硬毛化が、施術前より毛が濃くなったように感じる原因なのです。

脱毛をしたのに硬毛化になる原因は?

硬毛化の原因は、残念ながら明確には解明されていません。

「硬毛化」の他に「多毛化」や「増毛化」とも呼ばれたりしますが、医療脱毛のレーザー照射による副作用で、これまでより毛が太く濃く見えてしまう症状です。

起こること自体は大変まれですが、VIOなどの太い毛よりも背中や腕などの産毛に症状が表れることが多いため、変化に気がつきやすい副作用といえるでしょう。

医療脱毛のレーザー照射は、毛根のメラニン色素に反応し熱を発生することによって、毛根周囲の細胞と発毛因子を破壊する仕組みです。

しかし、産毛はメラニン色素が薄いため十分な熱量を照射することができず、レーザー照射が逆に発毛を促進する刺激となってしまうため起こるのではないかと考えられています。

万が一硬毛化になってしまったら?治るの?

硬毛化になってしまったと感じたら、まずは施術を受けているクリニックに相談してください。

硬毛化は、施術を根気よく続けることで治すことができます。

対処法としては照射の出力を上げるのが一般的ですが、強い刺激を与えることで悪化するという考え方もあり、弱い出力で照射して治療する方法もあります。

放置していたら治ったという声もあるようですが、まずは一度クリニックに相談しましょう。

埋没毛や赤みとなって残ってしまう恐れがあるため、毛抜きなどを使って自分で処理しようとするのは避けましょう。

フルエピ編集部より

フルエピインタビュー用のアイコン画像

毛根周辺の細胞よりも浅い位置にある「バルジ領域」という部分を主なターゲットとするレーザー機器「メディオスターNext」なら、効率的に脱毛できるばかりでなく、硬毛化の治療にも効果的といわれています。

 

硬毛化になる確率は何%?

1998年にスペインの医療レーザー脱毛を行っている施設で行われた調査によると、対象患者543人のうち硬毛化が見られた人は57人でした。

10%以上もの人が硬毛化になるという結果ですが、これはスペインの症例で、しかも20年も前の話です。

ちょうど医療レーザー脱毛が日本で普及し始めたころのことですので、現在の日本では脱毛機の改良や技術の向上により、実際に硬毛化になってしまう人は1%程度といわれ、100人に1人がなるかならないかの確率です。

硬毛化にならないために取れる対策は?

まず、自分が硬毛化になりやすい体質であるかどうか把握しましょう。

一般的に、産毛が密集していたり、ホルモンバランスが崩れていると硬毛化になりやすいといわれています。

特にホルモンバランスが崩れていると、毛の濃さにもバラつきが出てしまいます。

きちんとレーザー照射の効果が出るよう、生理前や生理中などのホルモンバランスが崩れやすい時期は施術を控えるようにしましょう。

メディオスターNextは硬毛化防止に効果的であるだけでなく、硬毛化してしまった毛にも効果的であるという結果も出ています。

また、クリニックによっては、硬毛化してしまった際に無料で治療してもらえるなど、アフターケアプランを設けているところもあります。

クリニック選びの際は、レーザー機器の種類やアフターフォローについてもリサーチしてみることをおすすめします。

万が一硬毛化になってしまっても抜くのはNG!

硬毛化になってしまうと、今までより太く濃い毛になってしまうので目立ってしまします。

気になる気持ちはよくわかりますが、これを毛抜きで抜いてしまうのはやめましょう。

医療脱毛の施術前にはムダ毛の自己処理をしていきますが、このときも電気シェーバーやカミソリで行わなければいけないのと同じように、毛抜きでの処理は毛周期を乱してしまうおそれがあります。

硬毛化を治すためには今後さらに医療レーザーの照射を行う必要があるため、毛周期が乱れるとさらに事態は悪化してしまうかもしれません。

硬毛化になってしまった場合は、必ず医療脱毛クリニックの指示に従い、自己判断で毛抜きなどの使用はやめましょう。

硬毛化に万が一なっても安心!保証つきクリニック

硬毛化は医療脱毛でもエステ脱毛でも起こりえますし、毛質や体質などにもよるので脱毛をするなら、起こりうるリスクだと覚えておきましょう。

そのうえで、硬毛化になってしまったときの保証がある医療脱毛クリニックを選んでおけば、万が一のときに備えることが可能です。

硬毛化にしっかりとした保証がついている2院をご紹介するので、参考にしてみてください。

リゼクリニック
 

リゼクリニックでは、硬毛化と診断された場合は「1年間無料の再照射」という保証がついています。

どこの医療脱毛クリニックでも硬毛化のリスクはありますが、保証の無料照射期間をはっきりと明言している医療脱毛クリニックは数少ないのが現状です。

リゼクリニックでは手厚い保証が期待できますので、硬毛化のリスクが心配な方にかなりおすすめです。

レジーナクリニック

 

 

レジーナクリニックでは硬毛化の保証があることは明記されていますが、医師の判断でどのような対応がされるか決まります。

もちろん硬毛化と診断された場合に追加料金の発生は一切ありませんが、無料照射の期間などは診察次第ということになります。

しかし、レジーナクリニックの再診料は無料となっているので、少しでも不安がある場合は気兼ねせずに診察を受けることができますので、早急に対処を受け受けることが可能です。

硬毛化のリスクも考えてクリニックを選ぼう

硬毛化は医療レーザー脱毛を受けた際、まれに起こる副作用ですが、原因を把握して対策をしっかりとることで避けることができます。

ホルモンバランスをしっかり整えて施術を受けるよう心がけるほか、メディオスターNextのような硬毛化になりにくいレーザー機器を選ぶことによってもリスクを大幅に軽減できます。

背中や腕などの毛の薄い部位を脱毛する際は、硬毛化のリスクも考えてクリニックを選びましょう。

万が一硬毛化してしまっても、アフターフォローなどの保証があれば安心して施術を受けることができます。

正しい知識で対策をとることで硬毛化のリスクを減らして、安心して医療脱毛に通いましょう。

  • アバター

    フルエピ 編集部

    フルエピ編集部といっても現在1人で運営しているんですけどね。よければ色々見ていってください。 その他なにか質問がありましたら、TwitterやってるのでDMなりリプなりお気軽にください!