Full Epi

1views

家庭用脱毛器って全身脱毛できるの?

家庭用脱毛器は、どの種類であっても数万円を下ることはありませんので、せっかく家庭用脱毛器を購入したのであれば、全身脱毛にチャレンジしてみたいですよね。
現在販売されている家庭用脱毛器は、レーザー脱毛器、フラッシュ脱毛器、毛抜き型脱毛機に分類され、それぞれに使用できる部位が異なり、効果の現れ方にも差が生じているようです。
それでは、家庭用脱毛器の種類別に、全身脱毛が可能かどうか、調べてみることにしましょう。

家庭用脱毛器の種類と全身脱毛

家庭用レーザー脱毛器

現在国内で販売されている家庭用レーザー脱毛器には、トリアがあります。この脱毛器の使用方法を公式サイトで確認してみると、顔脱毛の場合では鼻から下、デリケートゾーンではビキニラインとなっていますので、ほぼ全身脱毛に使用することができるということがわかります。

家庭用フラッシュ脱毛器

代表的な家庭用フラッシュ脱毛器にはケノンがありますが、現在ではさまざまな家庭用フラッシュ脱毛器が販売されるようになり、その中には限られた部位のみの脱毛に対応している機種があります。
ケノンの場合でも、Vラインの脱毛は行うことはできますが、IOラインの脱毛は推奨されていないようです。
家庭用フラッシュ脱毛器は機種によって性能が異なりますので、使用前には必ず取り扱い説明書を熟読し、対応部位にのみ使用するように注意しましょう。

家庭用毛抜き型脱毛器

パナソニックのソイエがこのタイプの家庭用脱毛機に分類されます。この脱毛器は、ムダ毛を絡め取って脱毛する方式ですので、毛穴への負担が大きいと考えられます。
泡でお肌への負担が軽減されたとしても、この家庭用脱毛器の原理はワックス脱毛と同様ですので、脱毛後には必ず保湿ケアなどでお肌を保護することが大切です。
脱毛の原理だけを考えるのであれば、顔やデリケートゾーンの脱毛も可能です。

失敗なく全身脱毛を行うならこの方法で!

家庭用脱毛器は、全身への対応の可否を確認した上で、使用方法さえ間違えてしまわなければ、ほぼ全身の脱毛を行うことが可能です。
ですが、家庭用脱毛器では、ご自身で背面の照射を行うことは難しいかもしれません。
このようなときには、脱毛サロンの光脱毛または、医療機関のレーザー脱毛で脱毛してみると良いでしょう。
光脱毛はプロのエステティシャンが、レーザー脱毛は医師または看護師が行いますので、失敗のリスクは少ないと考えられます。
家庭用脱毛器での全身脱毛で限界を感じたら、脱毛サロンまたは医療機関で部分脱毛をお願いするというのも、ひとつの方法です。

家庭用脱毛器のメリットとデメリットを解説

最近はムダ毛を処理するのに脱毛サロンクリニックに通う人が増えていますが、家庭用脱毛器を使って自分で全身脱毛をしている人も少なくありません。

自宅で光を照射する脱毛器を扱うのに不安に感じる人もいるかもしれませんが、今は家庭用脱毛器も進化しているので、安全で効果的に脱毛できます。

では、家庭用脱毛器を使用するメリット・デメリットにはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

メリット
  • 自宅で好きな時に脱毛できる
  • 半永久的に使用できる
  • 家族みんなで使用できる
  • 料金が安い
デメリット
  • 使い方によっては肌トラブルを起こしやすい
  • 脱毛サロンやクリニックに比べ効果が薄い

料金の安さを取るか、効果の高さを取るか、自分の脱毛条件によって家庭用脱毛器がおすすめかどうかが決まります。

購入前に今一度考えてみましょう。

家庭用脱毛器のメリットとデメリットは?注意点も紹介!

家庭用脱毛器のオススメはケノン

ケノンは今日本で一番売れている家庭用脱毛器です。
その人気の秘密は、まず国産ということです。
日本人の毛質や肌質に合わせて製造されているので、使いやすく肌トラブルなども起こしにくいです。
やはり、肌に直に熱が加わるので、安全に脱毛できるのは絶対条件ですね。

  • フルエピ 編集部

    フルエピ編集部といっても現在1人で運営しているんですけどね。よければ色々見ていってください。 その他なにか質問がありましたら、TwitterやってるのでDMなりリプなりお気軽にください! Twitter:@FullEpi