Full Epi

8views

医療脱毛は傷があっても施術可能?脱毛前にする自己処理の注意点

医療脱毛で使われているレーザーの光線は、ムダ毛の黒色(メラニン色素)に反応するという特徴があります。

レーザーが毛に照射されると熱が発生し、これがムダ毛を作り出す毛球体に伝わって、毛母細胞が破壊されるという流れが医療脱毛の施術です。

また、レーザーの刺激は周辺の肌にも伝わり、施術した直後は軽いやけどを起こした状態になることもあります。

このように、医療脱毛はお肌への負担が大きい施術ですから、基本的に完治していない状態の傷がある部位は脱毛はできないと覚えておきましょう。

傷がある場合の施術で、もう1つ注意したいのが、患部の周辺にできているメラニン色素の存在です。

メラニン色素は、外部から刺激を受けることでも生成されます。

代表的な症状として挙げられるのが、紫外線を浴びた時にできるシミですね。

ほかにも、擦り傷や切り傷ができたり、やけどを負ったりした時にもメラニン色素は作られます。

この状態でレーザーを当てると、傷が浅くても患部にできたメラニン色素にも熱が加わり、肌細胞を傷めて症状を悪化させる可能性があるため、傷がない部分のみの施術になることが多いです。

施術料金を無駄にしないためにすべきこと

このように、できたばかりの傷がある場合は、たとえ症状が軽くても、炎症を悪化させる可能性がありますので、基本的に医療脱毛は避けるべきです。

自分で判断がつかない場合は、施術前にクリニックに電話をして、どのように対応すべきか判断を仰ぎましょう。

施術の段階で脱毛ができないと判断されても、1回分の料金(もしくはキャンセル料)が請求されるケースがほとんどです。

高額な施術費用を無駄にしないためにも、クリニックに電話をした時に「施術ができるか、患部を見てみないと分からない」と言われたら、予約を取り直すのが無難です。

また、傷が完治していても色素沈着がひどい場合は、その部位の施術がNGとなるケースもあります。

それでも脱毛したいという方は、レーザー医療を受けてシミを取るという方法や、シミを薄くする薬の服用を検討してみましょう。

いずれも、美容クリニックで対応していますので、カウンセリングで医師に相談してみてくださいね。

医療脱毛は手術跡がある部位は脱毛できるのか

「脱毛したい部位に傷や傷跡はないけど、手術跡がある」

こうしたケースで脱毛できるか否かの判断も、色素沈着の有無がポイントになってきます。

あくまでも、医師の診察を受けてからの判断になりますが、色素が目立たない程度であれば脱毛ができるケースが多いようです。

ただし、医師によって判断はまちまちなので、安全な施術を受けるためにも、複数のクリニックでカウンセリングを受けて、安心して医療脱毛ができるところを見つけるようにしましょう。

ちなみに、クリニックのカウンセリングでは、最初に看護師が脱毛する部位の状態を確認して、その後、医師による診察が行なわれます。

もし、医師の診察がなく、看護師の判断だけで手術跡がある部位の脱毛が可能と言われたら、そのクリニックで施術は再考するべきです。

軽度の傷や色素沈着でしたら、看護師だけでの判断でも問題ありませんが、お客さんの安全を重視しているクリニックは、必ず医師が傷の状態をチェックします。

カウンセリングを受けて少しでも不安を感じたら、後のトラブルを避けるためにも、別のクリニックを探してくださいね。

自己処理のミスで医療脱毛が受けられなくなることも

カウンセリングを受けた時点では、脱毛する部位に傷がなくても、施術当日に新たな傷ができてしまうケースもあります。

一番多いのが、ムダ毛の自己処理をした時にできる傷です。

切れ味の悪いカミソリなどを使うと、カミソリ負けができて赤くなることがありますし、小さな切り傷ができることもありますよね。

このような場合でも傷口は避けて施術することになりますので、脱毛できる範囲が狭まってしまうんです。

もし、傷口や炎症が広範囲にわたっている場合は、施術できないと判断されることもありますので、ムダ毛の自己処理はとにかく慎重に行なってください。

カミソリを使った自己処理は、どうしても肌へのダメージが強くなって、傷はできなくてもメラニン色素が発生することも多いですから、安全性が高い電動シェーバーを使うようにしましょう。

また、手が届かず自己処理しにくい部位は、ムリに自分でムダ毛を剃らず、施術当日にクリニックでシェービングしてもらうといいですよ。

とくに、全身脱毛のように施術部位が多くなる場合は、自己処理中に腕が疲れてきて肌を傷つけやすいので、要注意です。

医療脱毛は前処理しなくていいの?医療クリニックの剃り残し対応について

医療脱毛は傷が治ってからはじめよう

脱毛部位に治っていない傷がある場合は、施術ができないと判断されるか、傷口から離れた部位だけのレーザー照射になりますので、傷が完治してから脱毛することをおすすめします。

一方で、傷跡や色素沈着があっても脱毛できるケースもありますので、あきらめずに信頼のおけるクリニックを探してみてくださいね。

まずは、カウンセリングを申し込む前にクリニックに電話をして、傷や色素沈着の状態を伝えてみましょう。

クリニックによっては、事前に医師にメールで相談できるサービスも用意していますから、カウンセリング前に適切なアドバイスももらえますよ。

  • アバター

    フルエピ 編集部

    フルエピ編集部といっても現在1人で運営しているんですけどね。よければ色々見ていってください。 その他なにか質問がありましたら、TwitterやってるのでDMなりリプなりお気軽にください!