Full Epi

4views

VIO脱毛前の自己処理のやり方!剃り残しゼロで施術当日を迎えるテクニック

VIOラインの事前処理のやり方とは?

他の部位と同様に、サロンやクリニックでの照射前には、VIOラインを自己処理する必要があります。

とはいえデリケートゾーンは自分では見えにくく、どこまで剃るべきか悩みますよね。

照射する部分をシェービングするわけですが、デリケートゾーン、とくにIOラインの剃毛は構造上見えにくいので細心の注意が必要です。

まず、電気シェーバー、はさみ、鏡を用意します。

カミソリは危険なので、絶対に使用しないようにしましょう。

はさみでカットする
長い毛があれば、はさみを使ってカットします。
電気シェーバーで剃る

照射する場所をシェービングします。

Iライン・Oラインはのぞきこむか、鏡に映して慎重に剃りますが、危険なので無理はしないようにしましょう。

サロンやクリニックによっては、手が届きにくい場所のシェービングをしてくれるところもあります。

有料の場合もあるので、VIO脱毛を始めるときは契約前にきちんと確認しておきましょう。

vioのシェービングが心配ならこのサロンがおすすめ

アンダーヘアの前処理は、回数を重ねるうちにコツを掴める人もいますが、剃り残しがあった場合は1回1,000円の追加料金が発生してしまう脱毛サロンもあります。

少しでも脱毛の費用を抑えたい、剃りにくい部位なのでプロにお任せしたいのであればvio脱毛専門店に通うのがおすすめ。

vio脱毛専門サロン、プリートなら無料でシェービングをしてもらえます。

また、ある程度vioを残すのであればアンダーヘアのプレートをプレゼントしてもらえるので、毎回シェービングに迷うことなく整えることができますよ。

vio脱毛・ハイジ二ーナなら脱毛サロンプリート!黒ずみ改善から美白までvioを極めたい人におすすめ
  • アバター

    フルエピ 編集部

    フルエピ編集部といっても現在1人で運営しているんですけどね。よければ色々見ていってください。 その他なにか質問がありましたら、TwitterやってるのでDMなりリプなりお気軽にください!