Full Epi

30views

vio脱毛は何回で完了する?回数ごとの効果や期間を徹底解説!

vio脱毛は、全身のどの部位よりもデリケートな部分です。

肌への負担はもちろん、施術時の恥ずかしさという精神的な負担も大きいですね。

なるべくなら早く完了させたい!と、考える人も多いでしょう。

ここでは、vio脱毛が完了する回数や通う期間などを解説していきます。

サロンとクリニックでの違いや、部位・回数ごとの効果、早く終わらせるコツなども紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

vio脱毛は効果が出にくいって本当?

脱毛は、部位によって効果の出やすさが違います。

vio脱毛は、特に効果が出にくい部位といえるでしょう。

その理由は、vioは太くて濃い毛が密集して生えているからです。

脱毛方式によっては濃い毛の方が効果が出やすいこともありますが、vioは皮膚が薄く柔らかいため通常よりも出力を下げて施術を行う場合が多いのです。

Iラインなど粘膜に近い部分は、より慎重に照射していきます。

痛みの強い部位でもあるため、スタッフも様子をみながらゆっくりとしたペースで施術をおこないますので、他の部位と比べて脱毛効果を得るまでに時間がかかってしまうのです。

サロンvsクリニック!vio脱毛が完了する回数の違いは?

vio脱毛の効果は、サロンとクリニックで違っています。

完了するまでの回数にも大きな違いがあるので、回数と期間を重視するならその内容を知っておきましょう。

サロンの光脱毛と、クリニックの医療レーザー脱毛、それぞれ希望する脱毛状態までの回数を比較してみました。

医療レーザー脱毛 サロン
効果を実感 1~3回(半年~) 5~6回(1年~)
自然な状態で残す 5回~(1年~) 12回~(2年~)
ハイジニーナ(無毛) 8~12回(1年半~2年) 18~30回(3年~5年)

あくまで目安ですが、サロンの場合だとクリニックの倍以上の回数と期間がかかってしまいます。

サロンの光脱毛は、クリニックの医療レーザー脱毛に比べると出力が低いため効果があらわれるまで時間がかかってしまうのは仕方ないでしょう。

その分肌への刺激が少なく、痛みが気になるvio脱毛はあえてサロンを選ぶ人も多いですね。

しかしハイジニーナを目指すとしたら、サロンではかなりの回数と年月になってしまいます。

vioが無毛のパイパンは最近日本でも人気が高まっており、見た目だけではなく将来を見据えた介護脱毛としてハイジニーナにする人も増えているのです。

ナチュラルな形で残すのならサロンもおすすめですが、ツルツルの状態にまでしたいなら最短で終わる医療クリニックでのvio脱毛がいいかもしれませんね。

vio脱毛は部位別に回数や期間も違う!

一口にvio脱毛といっても、V・I・Oそれぞれで回数や期間も違ってきます。

また、部位によって自然に残すかツルツルにするかも分かれるものです。

それぞれの部位は、どのような残し方が主流なのかをみてみましょう。

▼Vライン

Vラインは希望する形や毛量が人によって違うため、どの程度残すのかで回数や期間に差がでてきます。

さまざまなデザインが用意されていますが、デリケートゾーンの印象を左右する部分なので慎重に選ばないといけません。

小さめのショーツでもはみ出ない程度の、自然な形が人気のようですね。

▼Iライン

Iラインは、毛を残さないで全て処理する人が多いでしょう。

また、粘膜に近い部分の施術なので慎重におこなうため、回数も多くなりがちです。

施術の痛みも一番強いので、回数があまり多いと辛く感じるかもしれません

▼Oライン

Oラインは、元々の毛の量に差がある部位です。

ほとんど生えていない人もいるので、脱毛前にはまず自分のOラインの状態を確認してみましょう。

Oラインは無毛にする人がほとんどですが、毛量が少なめなので一番早く完了します。

それぞれの部位の主流となる仕上がりごとの、目安となる回数と期間はこちらです。

医療レーザー脱毛 サロン
Vライン(自然に残す) 5~6回(1年~) 12~18回(2年~3年)
Iライン(すべて処理) 8~12回(1年半~2年) 18~30回(3年~5年)
Oライン(すべて処理) 2~6回(半年~1年) 12~18回(2年~3年)

vio脱毛はセットプランがあれば、部位脱毛で通うよりも料金的にはお得になるでしょう。

契約する回数を、どの部位にあわせるかで悩むところですね。

一番回数の多いIラインにあわせるのもいいですが、単発の部位脱毛が安いところであればvio脱毛コースの完了後にIラインだけ通うという方法もあります。

スタッフと相談しながら、お財布にも体に負担のかからない通い方をみつけましょう。

Iラインは残す?残さない?vio脱毛でIラインを理想の仕上がりにするためには

自分でもできる!vio脱毛を早く終わらせるコツは?

vio脱毛を早く終わらせるために、自分でもできるセルフケアや注意点についてみてみましょう。

色素沈着による黒ずみを予防&ケア

デリケートゾーンの黒ずみが、気になっている人は多いでしょう。

下着と常に密着している部分なので、摩擦で荒れてしまい色素沈着しやすいのです。

脱毛の施術は毛の黒色メラニンに反応するので、黒ずみがひどいと皮膚にも反応してしまいます。

肌へのダメージにもなりますし、脱毛効果も分散されて薄れてしまいますね。

サイズの小さい下着で締め付けたりしないよう、ゆとりのあるサイズを見つけるようにしましょう。

また、ローションなどで保湿と美白ケアをしておくと脱毛効果もアップしますよ。

自己処理に毛抜きは使わない!

施術の前には自己処理をしていかないといけませんが、毛抜きを使っての処理は絶対にやめましょう。

毛抜きで毛根から抜いてしまっては、照射するターゲットがなくなってしまうので施術の効果が得られません。

また、自己処理を忘れていった場合にその部分を避けて施術をおこなうところもあります。

それでも1回分消化となってしまうので、あまりにも勿体ないですね。

剃り残しを有料でシェービングしてくれるところもありますが、剃る時間は施術の時間内になります。

スピーディにvio脱毛を終わらせるためには、自己処理は徹底していくのが必須ですね。

早いペースで通えるところを選ぶ

脱毛は毛周期に沿って通うのが基本ですが、脱毛方式によってはもっと早いペースで通えるところもあります。

早く完了させたいなら、そういったサロンやクリニックを選ぶといいでしょう。

しかし、毛周期が関係ないからと好きなペースで通うのはおすすめできません。

施術のスケジュールはスタッフと相談しながら、ベストな間隔で通うのが完了までの近道なのです。

vio脱毛の回数は仕上がりによって違う!まずは希望のvioスタイルを決めておこう!

vio脱毛に通う回数が少なく完了までも早いのは、サロンよりもクリニックです。

しかし、医療レーザー脱毛でのvio脱毛は、痛みが強めだということもふまえて考えてみましょう。

vio脱毛は、仕上がりによって回数も通う期間も違ってきます。

デザインや毛量などは、後から後悔しないようにしっかりと決めておく必要がありますね。

自分だけで決めずに、脱毛のプロであるスタッフとよく相談しながら、ベストな回数で通うようにしましょう!

【VIO脱毛の残し方】Vラインデザインや事前処理・減毛のやり方まで一挙公開!
  • アバター

    フルエピ 編集部

    フルエピ編集部といっても現在1人で運営しているんですけどね。よければ色々見ていってください。 その他なにか質問がありましたら、TwitterやってるのでDMなりリプなりお気軽にください!